« 外来ナースの役割 | トップページ | どこまでやるか »

2007年6月 5日 (火)

マナーよ何処へ

 2つの出来事につき、おっさんの戯言をちょいと。

 先日電車に乗ると女子高生達の話しが聞こえてきた。

「さっきのやつ超うぜぇ~。なんでこの間を通るかな~。回れよって。」

 よく見ると数人のグループで乗降口にたむろしていた。急いで降りようとした乗客が彼女たちの間をすり抜けたのであろう。その現場を見ていないので、どちらがどうということも言えず、私は私が降りる次の停車駅でのことを思った。この混み合った電車の中で彼女たちは乗降口から少しでも降りる乗客のことを考え、横にどくなり一度降りるなりするのだろうかと。

 ほどなくして駅に到着した。到着前から「済みません。降ります。」と私はアナウンスしており、数人の方は既に横にずれてくれていた。ドアが開き、私は出ようとしたが乗降口に彼女たちがおり全く出られなかった。

「降りる人のために出入り口では気を遣うべきだ。降りるなり横にどくなりしなさい。」と諭したが全く我関せずであった。そのうち私も後ろから押され、彼女たちの一人を巻き添えにドアの外へ押し出された。こちらを睨みつける雰囲気を感じたが、もう一度電車に乗る余裕もなく、その場を後にした。

 もう一つ。先日起こったJRのドアに挟まれたベビーカーの件では、JRを全面的に非難する報道があったことを記憶している方も多いだろう。あれにしても急にドアが閉まるわけではない。親がベビーカーを押しながら駆け込み乗車を試みたのがそもそもの発端であろう。ドアに物が挟まったまま発進してしまうことを防げなかった電気系統の異常はそれとして解明すべきであろうが、まずはその親が非難されるべきであろう。JRおよび乗客は迷惑料を請求してもよいくらいではなかろうか。私も3人の子供を育てる間にベビーカーに乗せて何度も電車を利用してきたが、急がないこと・混み合ったところに行かないことにいつも注意していた。どんな理由があるにせよ、安全を考えれば行動は変えられるはずだ。

|

« 外来ナースの役割 | トップページ | どこまでやるか »

コメント

ベビーカーの件、私も先生と同じ事を考えました。その場にいたわけではないけど、報道内容から推察するとかけこみ乗車だろうなぁと・・・。
同じ子の母として自分よりもまず子の安全を考え、1台遅らせるという判断をしてほしかったところですね。

女子高生の件でも、「近頃の若いもんは・・・」とつい言いたくなるような素行が多いですよね。自分も年とったなぁと感じずにはいられません。
先生が女子高生に言ったことは正論ですが最近の世の中は物騒ですからくれぐれもお気をつけくださいね。

投稿: みぃまま | 2007年6月 5日 (火) 23時45分

みぃままさん

 そうですね、物騒ですから気を付けなくてはと思うのですが、あまりのことに声が出てしまいました。

 刺される日も近いのでしょうか?!

投稿: クーデルムーデル | 2007年6月 6日 (水) 12時49分

東京に住んでいたとき、ベビーカーを畳まずに満員電車に乗るなんて、どう考えても不可能だった記憶がありますが、無茶する人もいるもんですね。

ただ、子供を持つと、どうしても許容閾値が高くなってしまっていることを自覚せざるをえません。「これくらいなら大丈夫」というのは、あくまで自分本位の発想であるということを、あらためて考えさせられました。

・・・弱者に妙に優しいアメリカにいると、閾値は更にあがります (;_;)

ところでクーデルムーデル様、リンクさせていただいても構いませんか?

投稿: ポリ | 2007年6月 7日 (木) 12時37分

ポリさん

 コメントありがとうございます。

 リンクしていただけるとのこと。ありがとうございます。今後とも宜しくお願い致します。

投稿: クーデルムーデル | 2007年6月 7日 (木) 17時53分


私は車の運転をしないので、公共の交通機関を利用します。

た~っくさんいます、イマドキの子たち。
降りる人のことを考えずに乗り込んでくる人、集団で広がって大声で喋ってる集団などなど・・・例を上げたらキリがありません。

先日見た光景・・・
駅構内に制服のまま平気で座っている女子高生、その女子高生をナンパする男子・・・通り道で邪魔だっつーの、と思うものの、反撃が恐ろしくて注意できません・・・。

『最近の若いもんは・・・』とか『親の顔が見てみたいよ』などとつい言ってしまう自分が悲しくもあったりします。

・・・でも常識だしなぁ。


投稿: ゆき | 2007年6月 8日 (金) 22時04分

ゆきさん

 足腰が弱くなったなどと言われていますが、それより汚いとか格好悪いという基準が違うともはや同じ土俵で相撲はとれないといった感じになりますね。

 親がちゃんと躾ればそうはならないと思いたいですね。

投稿: クーデルムーデル | 2007年6月 9日 (土) 06時15分

ベビーカーの駆け込み乗車ですが、そう単純に考えないで下さい。ベビーカーのまま乗れない超満員電車ならいざいらず、普通の状態での乗り降りでも駆け込み乗車的な乗り方しかできないことが多いそうです。
 というのも他の人が我先に乗ろうとするからです。本来なら子連れの母親は妊婦や老人のように優先されるべきであり,余裕をもって乗降できるように周りが配慮すべきなのです。世の中そうでないから最後に乗り込まざるを得なくなるのです。どんなに満員電車であっても子連れも利用できるように配慮できる精神的余裕・物理的余裕が日本には必要です。

投稿: ロス | 2007年6月11日 (月) 20時17分

ロスさん

 コメントありがとうございます。

 弱者に注意を払わない行為は確かに問題ですね。私もギプスをして電車に乗ったり、妊婦の家内を連れたり子供をベビーカーに乗せて頻繁に移動したのでよくわかります。

 しかし超満員となる時間帯さえはずせば、駆け込みとなることはありませんでした。列の最前列になるまで電車をやり過ごせばなんてことはありません。家内もしょっちゅう都内の叔母の家(山手線沿線内)に子連れで行きましたが、そういうことはないと申しております。そこは大荷物などを抱える方が配慮すべきではないでしょうか。比較的東京は列の順番は守ってくれますから、それも可能と思います。ただしラッシュアワーは別です。通勤客にしても戦争なのですから、そこに割り込むのは危険極まりないことでしょう。
 
 子供を抱えた人が大変なのは本当によくわかります。しかし子供と一緒だからこそ時間には十分すぎるほど余裕を持たせるべきですし、危険を冒してはならないと思います。

投稿: クーデルムーデル | 2007年6月12日 (火) 08時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/144860/6673153

この記事へのトラックバック一覧です: マナーよ何処へ:

« 外来ナースの役割 | トップページ | どこまでやるか »