« 総合診療 | トップページ | 医療者側からの医療問題総括 »

2007年5月11日 (金)

最後のTulip

 Tulipと言っても花ではない。一昨日ふとテレビをつけると財津和夫さん達Tulipのメンバーが映っていたのだ。自分たちがTulipとして活動できる最後だと判断したとのこと。お疲れ様、ありがとうという言葉をテレビに向かって呟いた。

 最も多感だった中学時代に私の心を揺すぶったのはニューミュージックと言われる音楽だった。Tulip, Off Courseはもちろん、荒井由美, Alice, 松山千春、さだまさし、中島みゆきなどなど・・・そして時代を遡るようにフォークを聴き、彼らが手本にしていた洋楽を聴くようになった。

 彼らのコピーがしたいとギターも手にした。以来20数年、ギターは私の友達だ。彼らの音楽が流行る時代は終わったけれど、つぶやき・語りかける音楽が身に染みついていて、それを止めることなんてできなかった。その時の気持を表現する歌を歌い、そして自作の歌で友に語りかけることもあった。

 大学時代には先輩から「生ギター一本で歌う音楽なんてこれから流行る可能性なんてあるのか?」と言われたこともあった。「音楽に時代の流行り廃りはあっても、心に訴えかけるものはいつも変わることなどないでしょう。」と答えた。その後先輩はギターを練習するようになったのだが・・・

 Tulipのサウンドは生ギター一本のそれではない。しかし歌詞が全部聞き取れない昨今の流行歌と違って、ひと言ひと言を大事に紡いでいる。それがいい。まぁ、おっさんの証明だから仕方がないが、それがいいのだ。

 Oh, blue sky, blue sky, この空の明るさよ

 何故僕の この悲しみ 映してはくれない ~Blue Sky~

 It's rain train 雨降る中を

 It's rain train ただ汽車は走る

 It's rain train 今この僕に

 It's rain train 恋はできない ~悲しきレイントレイン~

 

 Tulipのサウンドで聴いてもよいけれど、自分の生ギターで歌いかけると味はもっと深くなるように思える、そんな曲だ。(自分で聴く分にはですよ、もちろん。他人にとってという意味ではありません。)

 それにしても財津和夫さん、年を取ったな・・・・・

 

|

« 総合診療 | トップページ | 医療者側からの医療問題総括 »

コメント

こんにちは。
コメントをするのは初めてですが、いつも読ませていただいています。
チューリップ、懐かしいですね。
当時オフコース派とチューリップ派にわかれていて、私はチューリップ派でした。
「青春の影」を聞くと今でも目が潤んできます。
中島みゆきさんもいいですね。
今でもファンです。もっとも「狼になりたい」とか「ホームにて」とか、昔の局のほうがどちらかと言うと好きですけど。
あのころの、ニューミュージックといわれた音楽は良かったです。

先生のおっしゃるように、最近の、歌詞のよく聞き取れない曲はわけがわかりません。
90年代に入ったころでしょうか。
小室哲哉がもてはやされた頃から、日本の流行歌はほとんど聴かなくなりました。
同じ歌詞がわからないのでも洋楽とは違い、聴いていてイライラしてしまうので。
今は、昔の懐かしい曲を聴いたり、ジャズを聴いたりという感じです。
私は酉年生まれですが(年、お分かりになりますよね(笑)私が育った頃はなんだかのんびりしていたなと感じることが多くなりました。年をとったってことなんでしょうか。
今はまだ小さい娘が、大人になる頃はどんな世の中になっているのか最近は不安の方が先にたちます。
私が懐かしい曲ばかり聴いているので、きっと娘の年代では知らないはずの曲ばかり覚えてしまって「若年寄」って言われるかもしれません(私がそうでした)が、いい曲は歌い継いでいきたいですね。

投稿: ゆきたん | 2007年5月15日 (火) 10時58分

ゆきたんさん

 初めまして。
 青春の影ですか。名曲ですね。

 君の心へ続く 長い~一本道は・・・

 もうこの歌は単なる歌でなく、自分の血であり肉であり心になっている歌です。もちろん時代によって、その時代を思い起こさせる歌がいろいろあるだろうと思います。それがラップであっても、激しいパンクロックであっても、その時代を生きた人がそう思うならば否定するものではありません。しかし私にはこういった曲は興奮を呼び起こすスパイスでしかないのです。それを老いだと言われるのであれば、仕方ないのかもしれませんね。

 それでもコブクロや福山雅治の曲が大ヒットすると、人間って変わらないって思うのですがいかがでしょうか。

投稿: クーデルムーデル | 2007年5月15日 (火) 13時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/144860/6387946

この記事へのトラックバック一覧です: 最後のTulip:

« 総合診療 | トップページ | 医療者側からの医療問題総括 »