« 反復性耳下腺炎 | トップページ | 学校検尿の季節 »

2007年5月21日 (月)

小さき命なれど

 印旛沼の自転車道を走っていたところ

 前方数メートルに小さな塊が動くのを見つけた。

 降りてよく見ると亀であった。

 しかしミドリガメのあの愛嬌のある顔ではなく、

 口をへの字に結んだ物騒な顔つきであった。

 甲羅はまだ3センチほどしかない小さき命なれど

 これはワニガメの一種のカミツキガメだと判断し、

 公園事務所に届けた。

 事務所の方はまたかという顔でその亀をのぞき込んだ。

 今年は特に多いとのこと。

 駆除が進んでいないと言うことだ・・・・

Wao_kamitsuki

|

« 反復性耳下腺炎 | トップページ | 学校検尿の季節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/144860/6495131

この記事へのトラックバック一覧です: 小さき命なれど:

« 反復性耳下腺炎 | トップページ | 学校検尿の季節 »