« 小さき命なれど | トップページ | 自転車共存 »

2007年5月22日 (火)

学校検尿の季節

 五月は学校検尿の季節である。

 小学校に上がると毎年この季節に腎疾患や代謝疾患の早期発見&治療を目的に国を挙げて検尿が行われるのである。推進派の医師たちはこれにより透析へ至る腎疾患患児を減らすことができていると豪語している。なるほど早期発見には役に立っていないこともない。しかしその先はどうも心許ない。

 腎疾患を専門にしている小児科医は少ない。どれほどの蛋白尿やどれほどの血尿を問題視し、どれくらいの頻度でどういった検査をしていくべきかを判っている小児科医がどれほどいるだろう。もちろん腎臓の教科書レベルでこういったことは記述されているし、さして難しいことではないのだが。

 例えば起立性蛋白尿という概念があるが、これ一つとっても即診断のつく場合とそうはいかない場合がある。専門医である私も起立性蛋白尿のある隠れた腎炎の存在は長い時間をかけて経過観察して初めて診断に至ることができるものだ。他にも専門ならではの匙加減がある。そりゃそうだろう、それが専門家というものだ。

 しかし学校検尿のシステムはそこをヨシとしていない。地域の中核病院に腎臓専門医が居ようが居まいがそこへ行かなくては行政の補助を受けられない。専門医のいる別の地域の病院へ検尿異常を指摘されたと言って受診した場合、患者さんは別途料金をとられることになるのだ。おまけに地域の中核病院で治療もすべて出来るかというとそれこそ無理で、そこから紹介を経て専門医のところへ送られてくることになるのだ。何を目的にしているのか理解に苦しむばかりである。

 小児科医とひとくくりにしても子供の病気は様々である。それこそ臓器別に専門家が必要な科目であることに異論のある医師はいないだろう。ただその性格上かかりつけ医としての役割を担うこともしばしばである。そういったときに自分の専門外の細かなところにまで目を配ることが出来るだろうか。そのためのマニュアル本も数多く出版されているが、すなわちそれはそうすることが難しいから、難しいと思う人が多いから作られているということなのではないか。

 ごちゃごちゃと述べてきたが、結局は長くフォローアップしている患者さんたちから「専門だから安心ですが、ここへ来たら別料金を取られるっていうのはなんとかなりませんかね。」と笑って小言を言われるので憂さ晴らしをしたということなのだ。今日もどっさりと検尿異常の子供達がやってくる・・・・

|

« 小さき命なれど | トップページ | 自転車共存 »

コメント

家庭医制度と専門医の完全分業化が進むアメリカでは、このような学校単位での検診というものが極端に少ない気がします。小学校の頃、あれほどあった検診(検尿・検便・歯科検診・眼科検診)はおろか、年に一回の身体測定すらありません。すべて、自分で予約を取って病院に行く必要があります。

結果として、予防接種などの義務以外は、あまり行かなくなる傾向があります。

どっちが良いのでしょうね?

投稿: ポリ | 2007年5月22日 (火) 14時11分

ポリさん

 予防接種を義務化してアウトブレイクを防ぐ方が行政の義務を果たしていると思いますよ。

 こういった検診はやればやっただけ疾患は見つかりますが、コストベネフィットとして疑問もありますし、症状が出てからでは本当に遅いのかという問題もあります。

 健康増進のための啓蒙活動は必要ですが、検診は不要と私は思っています。

投稿: クーデルムーデル | 2007年5月22日 (火) 16時56分

おひさしぶりです.
学校検尿をやっているお陰で一部の腎炎では,アメリカと比べて日本の予後が圧倒的にいいですね.お金で比べたくないなと思っていますよ.
最近は大学の関連病院も専門以外の手離れが早くなって(なりすぎて)年4回の外来に初診の患者さんが混じっています.お陰で毎回60人弱の外来となっています.とほほ.

投稿: 職人 | 2007年5月29日 (火) 17時20分

職人さん

 う~ん、腎炎の予後は日本の例に軽症が含まれすぎていることも影響しているかもしれませんよね。それと服薬コンプライアンスの違いもあるかもしれません。

 いずれにしてもお金がなくなれば切られるものは検診であることは間違いないでしょう。それより何万人を対象とした予防接種行政の方が力を入れるべき問題だと私は思っています。

投稿: クーデルムーデル | 2007年5月29日 (火) 17時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/144860/6510082

この記事へのトラックバック一覧です: 学校検尿の季節:

» 北海道土産 [北海道土産情報]
北海道土産に関する有益な情報をお探しの方必見です!! [続きを読む]

受信: 2007年5月23日 (水) 18時43分

« 小さき命なれど | トップページ | 自転車共存 »