« 自転車共存 | トップページ | 高校仲間との語らい »

2007年5月24日 (木)

チャンピオンズリーグ

 早朝のフジテレビでは、ヨーロッパクラブチャンピオンを決するチャンピオンズリーグ決勝が繰り広げられた。イングランドのリバプール対イタリアのACミラン戦であったが、この両者は2年前に同じく決勝の場面で前半3-0も結局3-3のドローの末、PK戦でリバプールが勝つという大激戦を演じている。今回もそれぞれに強豪をなぎ倒して進んできたこともあって、好勝負が予想されていた。

 中盤は五分五分だった。どちらもディフェンシブハーフのポジショニングや出足がよいため、攻撃の形が作れない。しかしリバプールの右サイドアタッカーが頑張り、徐々に押し込み始めた。深くミラン陣内に突入し、センターリングを何度か上げる。だがミランの強固なセンターバックはことごとくはね返して見せた。

 ここで数回でよいから中央突破をリバプールは試みるべきだった。結局惜しいところまでいくのだが、はね返されてばかりで組みやすさをミランDFに抱かせてしまった。そのうちミランのカカがエリア手前でFKを獲得する。ピルロが狙ったFKは飛び出したフィリッポ・インザーキの身体に当たりそのままゴールインしてしまった。

 報道によるとあれはハンドだったとイングランド側が抗議しているようだが、どうみてもハンドと言えるような故意に腕を使ったのでも、腕で方向が変わったのでもなく、身体に当たってゴールインしたとしか見えなかった。言いがかりはみっともないだろう・・・

 リバプールの動きそのものはクロスのみを選択しているという点で疑問を感じたが、それでも試合を支配していたのはリバプールであり、後半に向けどう修正するべきか混乱したに違いない。そうこうするうちにカカのスルーパスがインザーキに通り、2点目を決められてしまう。万事休す。意地で1点返すのがやっと。アディショナルタイムが少々短縮されたように思ったが、結局ミランの勝ちで終わった。

 準決勝のミラン対マンチェスターユナイテッド戦やリバプール対チェルシー戦と比べれば凡戦だったと言えるかもしれない。しかしハーフ陣の動きがよく、非常に締まった好試合だったのは間違いない。少なくとも浦和サポーターでありながらもアジアチャンピオンズリーグ予選の浦和対シドニーよりよほどワクワクした。

 こういう試合がリアルタイムで見られるようになって本当にうれしい。通常放送枠で世界最高の試合が観られる時代なのだ。だからこそクラブチャンピオンを選ぶ大会に開催枠ということで日本が出てしまうことは許し難い。きっちりアジアを征して出ないと、笑い者になるだけであろう。

|

« 自転車共存 | トップページ | 高校仲間との語らい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/144860/6536418

この記事へのトラックバック一覧です: チャンピオンズリーグ:

« 自転車共存 | トップページ | 高校仲間との語らい »