« 暴力に対して | トップページ | 出世欲なし »

2007年4月24日 (火)

妊婦さんの食生活

 医療情報サイトで妊婦さんの葉酸の摂取量が問題となっている。量不足により神経管閉鎖障害を来たし、二分脊椎などを持って産まれる子供が増えているとのことであった。

 葉酸は緑黄色野菜や果物に多く含まれている。バランス良く食事を摂取していればおそらく問題ないはずだが、ある病院へ通院中の妊婦さんの平均値は目標を下回る結果となっていたようだ。この情報サイトによると米国ではシリアルなどにも含まれていて、積極的に摂取するよう呼びかけが行われているらしい。日本でも時折呼びかけを目にすることはあるが、妊婦検診などではどうなのだろうか。少なくとも家内はそのような話しを今まで聞いたことがないという。それより体重の増加の話しばかりだったと言うのだ。

 二分脊椎が増えたという印象は薄い。しかし出生体重が随分と軽くなってしまったという印象は多分にある。2500g前後で産まれる子供が多く、数日ではあるが保育器のお世話になる子供が多くなったように思うのだ。もちろん2500g前後だからと言ってその後の発育に問題があるということではない。しかし必要な栄養を摂らない妊婦さんが増えているのではないだろうか。分娩の安全性はもちろん確保しなくてはならないが、胎児に影響を与えては本末転倒であろう。妊婦検診のあり方を再考する必要がありそうだ。

 先の医療情報サイトでは、あろうことか妊婦の2割が喫煙しているとのコメントも掲載されていた。ダイオキシンや環境ホルモンを語る前にニコチンを始めとして数々の毒を胎児に与えているという意識を持たせるべきであろう。クリアカットにできない妊婦さんの精神衛生という問題も理解できなくもないが、自分の身より大事な我が子ではないか。

 ここでも日本人の意識が本来あるべき姿でなくなりつつあるように思われる。

|

« 暴力に対して | トップページ | 出世欲なし »

コメント

一人目を出産した産科病院では
やはり体重指導が厳しかったです。
ツワリが済んでやっと安定期に入り
楽しみにしていたマタニティビクスを
始めようとした途端、切迫で安静。
でも毎回検診では体重は増やすなと。
でも・・妊婦は尋常じゃないくらいおなかが空きますから辛かったです。
水を飲んでも体重が増えそうな気がして。
あまり食べないから後期の貧血もひどかったし。

指導に従おうと思えば思うほどがんじがらめでした。ある意味、自分との戦いみたいなものですね。タバコもそうだと思います。
今、自分が預かっている命というものの重さをきちんと受け止められるか。

初めての妊娠生活はよく泣いたけど、
でもおかげで36週まではもたせられたし
安産でした。厳しくしていただいた先生や看護師さんへの感謝の気持ちは大きいです。

ちなみに葉酸については
産科での指導はなく、出産育児雑誌で
葉酸サプリの記事を見ました。
5年ぐらい前です。

投稿: チョコひげ | 2007年4月25日 (水) 09時39分

はじめまして、現在17週の妊婦です(第2子ですが)
第1子と第2子で産院は異なりますがいずれの産院でも確かに体重増加のお話が多い気はします。
葉酸値ってわかるものなんですか?私自身、自分が足りているのかいないのかもわかりません。
ただ、産院のカウンターに葉酸のサプリメントのサンプルとかを「ご自由におとりください」という感じで置いてあるので摂取したほうが良いのだな・・・という認識はありました。

体重増加を気にするあまり食事制限に走る妊婦さんが多いのも仕方ないと思います。そのことばかり言われ、検診が(というか体重測定が)ある意味ストレスになりかけたりするし、あまり食べなくても確実に増加してしまったりもするのですから・・・。
私は先日からマタニティスイミングをはじめました。今回は上の子もいるので週1回だけですが1キロ以上泳ぎます。
一人目出産の時も出産前日まで普通に泳ぎ、真夜中に陣痛が来て、翌朝出産という安産だったのも運動していたおかげかなと思うから今回も頑張るつもりです。
運動のせいでさらにおなかがすいてしまうかもしれませんが・・・(笑)

投稿: みぃママ | 2007年4月25日 (水) 12時08分

チョコひげさん

 確かに分娩の安全性という点からすると妊婦さんの体重増減をコントロールすることが重要なのは言うまでもないことで、論文報告をあげればきりがありません。おそらくそのおかげで世界一分娩の安全な国になったのだと思います。

 しかし出生体重が年々減少している今、安全性のみを追求するのではなく、胎児に与える影響として妊婦さんの栄養をもっと深く考える必要性が出てきていると思うのです。

 妊婦さんは身重の体であれやれこれやれ、これはダメあれもダメと言われると精神的に参ってしまうこともあるでしょう。それをケアしていくのが本当の周産期医療なのだと思います。

 ただ、こんな報告もあります。「いろいろと注文をつけなくてはならない妊婦さんに限って栄養指導も受けず、マタニティービクスもやってくれない。やせの人はとても増えていて胎児の栄養&成長不良が問題となり、太った人はさらに悪くなって妊娠糖尿病になったり胎児が過体重児になってしまう。」とのこと。

投稿: クーデルムーデル | 2007年4月25日 (水) 13時46分

みぃママさん

 コメントありがとうございます。

 葉酸が足りていない妊婦さんの食生活を始めとする生活歴や体重の変化などの詳しいデータを持ち合わせていないので、どういった人が葉酸摂取に気を付けなくてはならないのかはまだハッキリしません。ですが葉酸の値は血液で調べることができます。

 日本に於ける報告を見る限り、問題はもともと妊娠前から痩せている人(BMIで18未満)にありそうです。この方達は妊娠により10~15kgの体重増加が望まれますが、やせ願望が強く、低栄養の状態になりがちです。食事のバランスも悪いのが特徴ですので要注意というところでしょう。もしかしたら体重が増えて仕方のない方については葉酸を心配する必要はないのかもしれません。これについてはもう少し詳しい報告が待たれます。

 バランスの良い食事と適度な運動、そして精神のやすらぎがなによりです。母子共に健康であることをお祈りしています。元気な赤ちゃんを産んでくださいね。

投稿: クーデルムーデル | 2007年4月25日 (水) 14時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/144860/6195895

この記事へのトラックバック一覧です: 妊婦さんの食生活:

» 葉酸について [葉酸情報]
葉酸とはビタミンの一種でビタミンB群に属します。ビタミンMと呼ばれることもあります。 [続きを読む]

受信: 2007年5月13日 (日) 13時13分

« 暴力に対して | トップページ | 出世欲なし »