« 腹痛 | トップページ | 読むには不都合だ »

2007年3月26日 (月)

そこに美学はあるか

 先週外来を終えて一息つくため医局の休憩室に立ち寄った。ちょうど相撲をやっていて、しかも大関の勝負とあってソファーに腰を下ろし眺めていた。
 私はスポーツと名のつくものは何でも好きだが、相撲も大好きである。子供の頃からテレビから流れる解説と父の語る解説の二重放送を聞きながら育ったので、技や駆け引きまでおそらくかなり知っている方だと思っている。おまけにド田舎の小学校時代は相撲が野球に次ぐ人気スポーツであり、太っていた私は勝負で注目されるのは相撲しか無く、ここぞとばかりにぶちかましていた。友人達は当時人気のあった大関魁傑をもじって「かいけつかいけつ、でかいけつ!」とはやし立てる事もあった。
 そんな私にとって大相撲が八百長と言われるのは面白い事ではない。もちろん明らかに頑張りの足らない勝負もあるのだが、お金がかかっているからというよりも怪我を恐れて勝負に固執しなかったのだと見ていた。(もうずいぶん昔だが、青葉城という関取は幕内在位の長い力士で、うっちゃりなど絶対にせず、無理とわかれば自ら足を俵の外に踏み出していた。)それでも本割りでは手を抜く勝負はとても少ないということは、地方巡業や大相撲トーナメントなる興行を見ればすぐにそうとわかった。それ故昨今の八百長報道は腹が立って仕方が無いのであるが、そんなところへ他科の医師が入ってきた。テレビを覗いて一言「八百長なしで今場所を始めたら、上位陣がバタバタ負けていくので、相撲協会が八百長を黙認したんですかね。結局大関&横綱ですか。だいたい道ものはスポーツじゃないですね。相手の弱いところをつくのがスポーツ、弱いところを攻めない柔道も相撲道もスポーツじゃないっすよ。」とつぶやいて出て行った。
 追いかけていって「そりゃちがうぞな、もし。」と言いたいところであったが、朝青龍の豪快な相撲に目を奪われ、行くタイミングを失ってしまった。弱いところを攻めなくても勝つから格好いいのである。相手の挑戦を真っ向受けて立つから格好いいし、その一番上に君臨するのが横綱なのである。失礼な事を言うな!と思っていたら、千秋楽の相撲を見てがっかりした。横綱は大関の突進を受け止めず、ひらりとかわして土俵下へ突き落としてしまったのだ。がっかりは続き、優勝決定戦では大関がひらりとかわして横綱が土俵に手をついてしまった。ひらりとかわすのも技の内、勝負にこだわったといえばそれまでなのだが・・・

 昨今テレビの中でも日常生活でも実だけ追いかける姿ばかりを見かける。美学を持って生きたいと思うのは間違っているだろうか。そこに夢や希望は浮かんでこないと思うのだ。

|

« 腹痛 | トップページ | 読むには不都合だ »

コメント

白鵬は何としても勝ちたかったんでしょうねえ。確かに禁じ手ではなく認められている技なのですけどね。

甲子園の優勝が隠し球で決まったようなものでしたね。

投稿: やぶ | 2007年3月26日 (月) 16時26分

やぶ先生

 平幕力士なら拍手喝采と座布団の嵐の両方だったでしょうが、ことが横綱&大関ですからね。

 でも清原の「男なら直球で勝負せいや!」というのはちょっと違う気もします。

 要は見ている人の気の持ちようなんですが。

投稿: クーデルムーデル | 2007年3月26日 (月) 23時37分

昨日から トライしてて やっと 入れた。

道、、、柔道 剣道 茶道 華道 etc 
は修業道なんだね。
本来 スポーツは 道 ではない。
だから 相手の弱い所を突く。

道 に拘るのは 道楽なのであります ???

 

投稿: 犬と猿 | 2007年3月28日 (水) 16時26分

犬と猿さん

 野球も弱いところをついていくスポーツですよね。でも松井のコメントでは修行道なのです。勝てばガッツポーズの世界で彼は
「ホームランを打っても、打たれた相手のことを考えるとうれしくても騒いだりはしない。いつでも相手を尊敬し、そして立ち向かう姿勢が大事だ。」と言うのです。そう言った言葉に私は弱いのですが、いかがですか?

投稿: クーデルムーデル | 2007年3月28日 (水) 16時52分

松井の言葉は アメリカ的では ないですね。
ヤンキー的な明るさが 松井にないのは
それかな ??

私も かなりWetだが 今の世には
合わないかも知れません。

宗教にまで遡及しても しょがないし。。。

投稿: 犬と猿 | 2007年3月28日 (水) 19時13分

犬と猿さん

 確かに!アメリカ的ではないですね。彼がそういったそぶりを見せたのは最初の年にリーグ優勝を決めたホームベース上でのガッツポーズくらいでしたね。

 今の時代に合わないなんて言わないで下さいよ。私も結構ウェットなんです・・・

投稿: クーデルムーデル | 2007年3月28日 (水) 22時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/144860/5818368

この記事へのトラックバック一覧です: そこに美学はあるか:

« 腹痛 | トップページ | 読むには不都合だ »