« 西福寺 | トップページ | 道化師 »

2007年3月 5日 (月)

病院のセキュリティー

 先週内科のDr.が診察室で893崩れの男に殴られた。すぐに警備員に取り押さえられ警察に逮捕されることとなったが、この男は数週間前からそのDr.に難癖を付けて脅していた輩であった。聞くところによると先々週ネクタイを捕まれたというから、このときに暴力事件として警察にしょっぴいてもらえなかったのかと病院の対応に不信感を抱いた。

 昨今逆恨みから医療関係者が暴漢に襲われる事件が後を絶たない。893もいれば、精神疾患から妄想に陥って起こす輩もいる。突然の暴力は密室である診察室では防ぎようもないが、さすがに予兆があれば対抗策を講じるのが病院経営者の役目であろう。

 医療者は法律で患者を選べないことになっている。しかし暴力を受ける可能性が極めて高い患者まで診なくてはならないのだろうか。もし診なくてはならないとすると自己防衛のため屈強な警備員をつけるなど対応すべきであろう。

 この輩に対し病院は弁護士対弁護士で対応を協議し、示談の上立ち入り禁止とするとのことであるが、これは相手がそれに従うか否かでその後が決まってくる。正常な人ではないので、これが守られる補償はどこにもないではないか。病院は患者としてなら誰でも入ってこられるいわゆる公共の場である。いちいちボディーチェックを行えるはずもなく、考えれば考えるほど危険が潜んでいる。セ○ムやアス○ックなど大手警備会社に依頼すれば事足りるのだろうか・・・よい手があれば教えて欲しいところだ。

|

« 西福寺 | トップページ | 道化師 »

コメント

その筋の方は常識では
考えにくいことも平気でする場合があるし
一度関わってしまうと
家族にまで害が及ばないかと
心配が後を絶ちませんよね・・・。

クーデルムーデル先生がおっしゃるとおり
お医者様だとどうしても逆恨みなどが
多くなるのでしょうね。
経営者がしっかりしないといけないところですね。トップを出したら最後とも思いますが
それでもトップはその気持を振り切ってでも
みながちゃんと働ける状態を守らねばならないと思います。

投稿: チョコひげ | 2007年3月 5日 (月) 21時31分

チョコひげさん

 実は殴られた医師の前に担当していた別の医師は精神的にまいってしまい、メンタルヘルスに通院中です・・・憤りを禁じ得ません。

投稿: クーデルムーデル | 2007年3月 6日 (火) 09時42分

それは本当に怖い話しだね

僕も外来業務をやっているけど、診察の最初から、具合が悪いのはあんたのせいだ!みたいな態度で向かってくる人がいるけど、ああいうときは本当に身の危険を感じるよねえ。

投稿: 目黒駅前クリニック院長 | 2007年3月 6日 (火) 11時32分

目黒駅前クリニック院長殿

 誠意を持ってなんてのが通用しない人達って本当にいますからね。しかも最近は増えてる気がします。地雷みたいなものですね・・・

投稿: クーデルムーデル | 2007年3月 6日 (火) 18時37分

テーブルの下に 押しボタンを設置して
暴力振るったら 警備員室にベルが鳴るようにしたら どうだろう。
診察室でベルが鳴るのも いいかも知れない。

投稿: 犬と猿 | 2007年3月 6日 (火) 19時15分

犬と猿さん

 押しボタンと警察へのホットラインはやっておきたいところです。確かに診察室でベルとかサイレンが鳴るっていうのもよいかもしれませんね。ありがとうございました。

投稿: クーデルムーデル | 2007年3月 7日 (水) 00時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/144860/5579928

この記事へのトラックバック一覧です: 病院のセキュリティー:

« 西福寺 | トップページ | 道化師 »