« 八千代カンファレンス | トップページ | そこに美学はあるか »

2007年3月24日 (土)

腹痛

 3週間前から見始めた思春期の男の子。一週間前から時々腹痛があるので見て欲しいと来院した。右下腹部を触診すると猛烈に痛がるのだけれど、下痢も嘔吐もなく発熱もなく、日常生活は全く問題なく過ごせる。経過中何度か血液検査を施行したが、炎症マーカーは陰性のまま。引っかかるのは白血球の中の好酸球が10%と高値を示していたことくらい。エコーでは虫垂の腫脹なく、大腸の壁の肥厚もないが、上行結腸の動きはとても悪い。聞くと毎日便は出るが、最近量が少なくなったとのこと。。。

 寄生虫でも悪さをしているかと考え、便を検査したが虫卵を発見できず。憩室炎も考え、抗生剤を使ってみたが変わらない。はて・・・・

 好酸球性胃腸炎もないことはないが、症状があまりに乏しい・・・肉芽腫?

 先程またやってきて、症状に変化ないとのこと。もう一度痛みの部位にエコーを当てると、腸管膜内だろうか、リンパ節が腫大し、数個が一塊となっている所見もあった。しかし虫垂の腫脹も大腸壁の肥厚もやはりない。

 大腸ファイバーをやりたいのだが、どうしても嫌だと言う。

 さて、どうしたものか・・・・

|

« 八千代カンファレンス | トップページ | そこに美学はあるか »

コメント

名医の出番じゃないですか。
チンプンカンプンです、私には。

投稿: 犬と猿 | 2007年3月25日 (日) 14時40分

犬と猿さん

 迷医ではありますが・・・

 症状もデータも少なすぎるんです。せめて大腸ファイバーをさせてもらえたらと思ってはいるのですが。

投稿: クーデルムーデル | 2007年3月25日 (日) 20時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/144860/5798992

この記事へのトラックバック一覧です: 腹痛:

« 八千代カンファレンス | トップページ | そこに美学はあるか »