« 過労の傍で | トップページ | 減感作療法 »

2007年2月27日 (火)

ソーシャルワーカーのお仕事

 最近腎尿路奇形で外来通院していた患児のお父さんが「先生、私、破産しちまって・・・もちろんお金は払いますが、この先どれくらいかかるのか知りたくて。いえね、裁判所に差し押さえされるんですけど、子供の医療費はなんとか免除されるようで、それを教えて欲しいんです。」とのこと。

 恥ずかしいことだが勤務医は自分が行った医療の対価がどれほどなのか知らないことが多い。特に小児科など市町村によって医療費の免除が行われ、このあたりでは5才未満ならいくら検査しても数百円の負担で済むので、一体何がどれほどの査定になるのか検討が付かない。ただし小児慢性特定疾患とか育成医療とかさまざまな助成制度があって、それを申請しなくては5才以上の子供の医療費が家計を圧迫することもあるので、そういった助成制度についてはマークしている。

 それでも例えば生活保護を受けている家庭とか外国人であるなど様々なケースになるととても対応できない。そこで活躍するのがソーシャルワーカーさんである。この場合もすぐにワーカーさんに電話し対応してもらった。

 この日は難病患者見舞金なる制度について質問してきたお母さんもいて、これまたワーカーさんへ直行して頂いた。しかしワーカーさんへの依頼はこれだけではない。例えば虐待児が発見されれば、児童相談所などへの通報から始まり、児の保護やその後のフォローアップまで親身になってやってくれる。先日も名乗らない虐待を受けているという子供からの電話連絡に対応し、指定した場所へ迎えに行くなどして頂いた。

 昨今は不法就業者問題やお金をわざと踏み倒す人などもあって、すべてがワーカーさんの仕事ではないのだが、本当に忙しくしている。しかしどの病院でもそうであろうが、ワーカーさんの配置は多くはない。ことは小児科だけではないので、それこそ広い知識が必要なのである。病院の運営に欠かせない縁の下の力持ちである。

 さてと、明日も働いてもらいますね、○○さん!

|

« 過労の傍で | トップページ | 減感作療法 »

コメント

本当にMSWさんにはお世話になりっぱなしです。なのにお給料の面や待遇の面でもまだまだ地位が低く、よく頑張っていられるなぁ、とさえ思います。

ウチにも3人のMSWが勤務していますが、もっともっと人手が欲しいところです。

医師や看護師の不足ばかりでなく、色んな職種の医療従事者たちが悲鳴を上げている現実をもっと知ってほしいです。

夕方のニュースで長生病院の内科が医師不足で患者の受け入れをやめる、というのを見ました。
我が病院でも、新年度からの医師の補充が出来ず、一般外来(予約外)を閉鎖しなくてはならないかも、という危機を迎えています。

とても、とても、不安です。

投稿: ゆき | 2007年2月28日 (水) 20時49分

ゆきさん

 以前よりはましになったとは思いますが、まだまだCo-Medicalの方たちへの病院からの配慮も一般人からの関心も少ないですね。特にワーカーから見た病院なんてドラマになりそうなのに・・・

投稿: クーデルムーデル | 2007年3月 1日 (木) 08時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/144860/5507665

この記事へのトラックバック一覧です: ソーシャルワーカーのお仕事:

» 市町村 [市町村]
市町村について書かれた [続きを読む]

受信: 2007年3月10日 (土) 03時40分

» ソーシャルワーカーの倫理綱領の情報 [ソーシャルワーカーの倫理綱領について]
ソーシャルワーカーの倫理綱領について説明しています。 [続きを読む]

受信: 2007年3月22日 (木) 03時40分

« 過労の傍で | トップページ | 減感作療法 »