« 硯に向かいて | トップページ | 館山城 »

2007年2月16日 (金)

八甲田山スキー

 八甲田山で山スキーに参加したツアー客が雪崩に巻き込まれ尊い命が失われてしまった。謹んでご冥福をお祈りしたい。

 八甲田山は八甲田山系を形成する8つの山に囲まれた山岳地帯で、山スキーはその中腹からロープウェーで大岳を臨む高台まで登り、その後圧雪されていない斜面を滑り降りる。樹氷も素晴らしいがパウダースノーの中ジャンプするようにターンを繰り返す深雪独特のスキーが楽しめる。私も何度かチャレンジし、その魅力に取り憑かれた一人である。年配の方はおそらくそういったスキーこそ本当のスキーであり、圧雪の中無謀極まりないスピードでターンを繰り返すなどスキーではないと思われていることだろう。深雪の中ではスキーをコントロールすることは容易でなく、木の根本に落ち込んでしまうと這い出るのに相当の苦労を要する。それこそが生きていく知恵・力となるのだと思えてならない。

 そんな深雪の山スキーだが雪崩という危険はいつも隣り合わせである。少しでも雪崩の危険があれば勇気ある撤退を余儀なくされていたが、今回はそうならなかったようだ。聞けば観測態勢は貧弱で、情報伝達も少なかったらしい。私が滑っていたときもそうだったのかと思うとぞっとするが、本気になって態勢を整えてもらいたい。間違っても全面滑走禁止などにはしないで欲しいものだ。

|

« 硯に向かいて | トップページ | 館山城 »

コメント

八甲田山 死の彷徨 を読んだことがある。
今でも 豪雪地帯なんだろうね。

投稿: 犬と猿 | 2007年2月16日 (金) 17時55分

犬と猿さん

 スキー場までの雪の回廊は厚さ数メートルあって迫力満点でしたよ。酸ヶ湯の千人風呂も気持ちいいですし、本当は素晴らしいところなんですがね。

投稿: クーデルムーデル | 2007年2月16日 (金) 18時26分

悲惨なニュースでした。ガイドが油断していたとは思えませんが、自然の怖さを思い知らされましたね。

投稿: toshiki | 2007年2月16日 (金) 19時34分

toshikiさん

 コメントありがとうございます。自然は怖いです。人を寄せ付けない力があります。だからこそ魅せられるのですよね。

投稿: クーデルムーデル | 2007年2月17日 (土) 21時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/144860/5364371

この記事へのトラックバック一覧です: 八甲田山スキー:

« 硯に向かいて | トップページ | 館山城 »