« 八海山スキー | トップページ | ソーシャルワーカーのお仕事 »

2007年2月26日 (月)

過労の傍で

 過労で亡くなる医者が後を絶たない。月百時間に及ぶ時間外労働が当たり前に行われていて、当直や呼び出しでゆっくりと睡眠をとることもままならない。しっかりした休みは年に数えるほどしかなく、過労と誰が見ても判断できる仕事ぶりである。

 このところの私のブログを振り替えるととてもその人達と同じ職業とは思えない内容になっている。一応弁解しておくが、時間外労働は月60時間は少なくとも越えているし、眠れるはずもない救急当番も月に3回以上こなしている。当番以外の日もオンコール状態なので、いつでも呼び出しスタンバイの毎日であり、ちょっとした親と看護師とのトラブルでも点滴のトラブルでも呼び出しに対応している。しかし周囲の医療環境のおかげで重症者の少ない当院では精神的な負担が少なく、メリハリを付けた生活をしようと心掛けることができる。ありがたいことで、こういったポジションに身を置ける小児科医は全国でもそうそういないだろうと常々神仏に手を合わせている。

 ということで昨年と同様、八海山のスキー&原酒ツアーに参加できたのである。人生は一度きり。暇があったら身体を休めるより楽しく過ごしていたい。そう考える輩にはうってつけの企画で、天下一品の眺望と美味しい肴でいただくまろやかな原酒に酔いしれた2日間であった。原酒を振る舞ってくれたお店は六日町の居酒屋『一八』。手品大好き親父が心もお腹も満たしてくれた。まったく臭みのないアンコウの肝をすりつぶした汁にアンコウのぶつ切りとナメコと野菜が入ったアンコウ鍋や、のどグロの塩焼きなどでクイッといくと・・・もう異次元の世界。気分上々で翌日は早朝からスキーして、帰りのバスはもちろん原酒の乱れ撃ち。昼に出発したはずが、知らない間に日もとっぷり暮れ、それでもまだ酒盛りは続いていた・・・・・運転手さんごめんなさい。でも来年も宜しくお願い致します。

|

« 八海山スキー | トップページ | ソーシャルワーカーのお仕事 »

コメント

クーデルムーデル先生

スキーに泡盛に楽しかったですか??これでまた充電してもらって生き生きと仕事をしてくださ~い。

やっぱり、先生も人間だから、仕事以外の私生活も充実してほしいなって思ってま~す。
ウチの主治医はどうなのだろう・・・???楽しんでるのかな??
それより、自分の私生活も充実しなくちゃって思ってます・・・・

投稿: 厚焼き玉子 | 2007年2月27日 (火) 00時04分

厚焼き玉子さん

 いや~ここへ来るまではこんな生活できませんでしたよ。都立病院時代は私生活を顧みることなんてできない状況でした。家には着替えを取りに返るくらいなこともざらでした。今は他の地区の医師には申し訳ないくらい充実しています。年齢ということも関係するかもしれません。

 ところで酒盛りと泡盛を間違えられたのでしょうか、それとも内部関係者で泡盛も飲んでいたことをご存じなのでしょうか?泡盛の一升瓶が我々を狂わせたのは事実ですが・・・

投稿: クーデルムーデル | 2007年2月27日 (火) 08時24分

先日 M 紙の朝刊に 中堅の医師が
医者の道を選択したのは失敗だった
と書いていた。
上手く息抜きしてもらって くれぐれも
○○など されませんように。。。
どちら様も。

投稿: 犬と猿 | 2007年2月27日 (火) 16時10分

犬と猿さん

 勤務医の父親が望む息子の将来の職業欄に医者と書かれる比率がどんどん減っているようです。自分と同じ辛い思いをして欲しくないというものや、高校時代同じくらいの成績だった仲間が自分より遙に高額の収入を得ていることなどが理由のようです。

 確かに「人助けだ」と思い24時間対応しても「失敗したら訴えるからな。」とすごまれたらやる気も失せますよね・・・

投稿: クーデルムーデル | 2007年2月27日 (火) 16時44分

すみません、最初から泡盛って読んでいました。。。。(汗)
現在は開業医の看護師しています。以前は公立病院に勤務していたときには病棟旅行なんてのにも、参加したことがあり、なんとな~~く様子が伝わってきました。。紛らわしく書いてしまってすみません。先生とは面識もなく内部事情もわかりません。失礼しました。

以前、ネフのことで質問させていただいたのですが、また聞かせてもらってよろしいでしょうか?
ネフローゼによる血栓症で関係するであろうAT-Ⅲが79.1(再発時)って、危険の程度はどうなのでしょうか?

小児慢性特定疾患の適応ですが、ネオーラル内服で一定期間の再発がなければ、適応から外れてしまうのでしょうか?それは県単位で異なるのでしょうか?

地元の小児科の先生には、子どもが生まれたときからたくさんお世話になっていまして、夜間でも何でも対処してもらっています。
副腎の病気の子もいまして。。
感謝の気持ちでいっぱいの小児科の先生方が、今大変なことになっているらしく、先生のお気持ちを察したく、いろんな先生のブログを拝見しております。
あの先生、この先生、あっちの先生、たくさんの顔がぐるぐると。。。
みんな元気で診療していただきたいと思っています。


投稿: 厚焼き玉子 | 2007年2月27日 (火) 22時31分

厚焼き玉子さん

 いえいえ、泡盛と聞いてドキッとしただけですから。

 実は小児科領域でネフローゼ時の血栓予防ってほとんど行われていません。データとして凝固系の亢進状態にあることは間違いないのですが、いかほどでリスクが高く抗凝固剤を使用するなどの基準はありません。施設によってはジピリダモールなどを併用する所もあるようですが、予後を左右するデータは出ていません。特に再発時であれば、脱水予防だけしていればうまくいくものです。AT-Ⅲの値やフィブリノーゲンの値は、ネフローゼの確認の意味合いくらいに私たちは考えています。

 小児慢性特定疾患ですが、おそらく原則的にはシクロスポリン使用後再発がなければ適応外になるでしょう。しかしいつまでという記載はありませんので・・・。再発を繰り返している方の場合はそのまま申請してもらっていて、外された方は今のところいらっしゃいません。一応これは国の対応になります。県ないしは市町村では国で外された人へ救済処置をしてくれるところもあります。そのあたりは複雑なので、病院のソーシャルワーカーさんや最寄りの保健所に問い合わせてみて下さい。

投稿: クーデルムーデル | 2007年2月28日 (水) 08時47分

血栓の事が気になっていました。ずっと内服していましたから。。。気にしなくてもいいのですね。ありがとうございます。
小慢の方も、まだ申請時期ではありません。ただ、高いお薬なので先先を心配してしまいます。そのときになったら、主治医の先生に聞いてみます。。。
大変ありがとうございました。

投稿: 厚焼き玉子 | 2007年2月28日 (水) 13時10分

厚焼き玉子さん

 ずっと内服されていたのですか・・・もしかしたらこれまでに血栓を起こしたか、起こした可能性が否定できなかったかもしれません。それならば話しはちょいと違ってきます。ですから主治医とよく相談して下さい。くれぐれもこのお話だけで、薬を止めることのないようにお願い致します。私もこれまでその可能性が否定できず、抗凝固剤の内服を指導した中学生がいますので。

投稿: クーデルムーデル | 2007年2月28日 (水) 14時01分

前の主治医ではずっと内服していました。アンギナールです。次期にペルサンチンです。他の薬も飲んでいました。今の主治医からは処方されません。ネオだけです。今の主治医は100%信頼しております。

なんでも主治医に聞いて教えていただければいいのですが、聞きすぎて厄介な患者にはなりたくないものです。私は地道に情報を集め、こうしてありがたくお話してくださる先生より情報を頂き、勉強させてもらっています。。

再発時に入院点滴治療が嫌で今の遠い病院に転院させていただいています。この選択はよかったのか、もし何かあった時にはどこの病院に行けばよいのか?急を要する事態なのか?翌日でも大丈夫なのか?先々の状態の変化に不安もあります。そのひとつが血栓だったのです。

私達の住んでいる地域の輪番体制は8回/月も無医村の夜です。
私が今の病院を選び通院しておりますので、全てにおいて私の責任と感じています。病院に行くタイミングとどこの病院を選んだらよいのか・・私の勘も左右しそうです。

ありがとうございました。

投稿: 厚焼き玉子 | 2007年2月28日 (水) 23時07分

厚焼き玉子さん

 私たちと同じ治療を選択している先生はジピリダモールを使用していないのですね。それならば脱水が酷くならない限り血栓の心配はほとんどないでしょう。

 たくさん質問をされて嫌がる小児科医はいないですよ。面倒だという顔をする医者なら替えてもよいくらいに思ってください。

 ネットの医者は自分の眼で診ていないので、どうしても情報としてあいまいになります。それが歯がゆいのですが、仕方ありません。

 とりあえず今の状況であわてることは当面ありませんから、ゆっくりなさってください。それでは、またなにかありましたらどうぞ。

投稿: クーデルムーデル | 2007年3月 1日 (木) 08時22分

いろいろありがとうございました。
心配な事があれば相談させていただきます。

丁寧にお返事頂き、感謝しております。

投稿: 厚焼き玉子 | 2007年3月 1日 (木) 22時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/144860/5495917

この記事へのトラックバック一覧です: 過労の傍で:

» 渡辺久江 画像 ギャラリー (映像あり) [渡辺久江 画像 動画 ニュース]
超お宝極小ビキニスパーリング映像(動画)         モジャモジャ左ハイキック映像(動画)           ビラビラ右ハイキック映像(動画)             横チチ左フック映像(動画)        まくれ上がり全チチアッパー映像(動画)      プライベート乱交バトルロイヤル映像(動画)... [続きを読む]

受信: 2007年2月26日 (月) 18時48分

» ICU医師全員退職 [1喝たぬき]
ICU医師全員退職へ 国循センター 執刀との分業困難 [続きを読む]

受信: 2007年3月 1日 (木) 18時41分

« 八海山スキー | トップページ | ソーシャルワーカーのお仕事 »