« 讃美歌の向こう側 | トップページ | テオフィリン内服 »

2006年12月24日 (日)

慌ただしい

 週末は例によって救急当番をしており、ヘロヘロ状態が続いている。

 ノロウイルスによる?下痢嘔吐は随分と少なくなった印象。インフルエンザもまだ出ておらず、ここしばらくはマイコプラズマの残党とRSウイルス関連か。

 そんななか昨日は年賀状を作成した。これまでデザインにこだわったこともなかったが、ちょっと工夫を凝らしてみた。自分らしくなくちょいと気恥ずかしい。

 それにしても年賀状を出す数がさほど増えない。代わりにメールにての挨拶が増えてしまっている。昨年送られた年賀状には返事を書くし、新しく知り合いになった方へはもちろんはがきという手段になるが、メールで送られたないしはそうだったと思われる方にはメールで挨拶をしているのが実状である。そうだったと思われるというところが実は味噌で、送られたような覚えはあるが、取り置きせずスルーしてしまうので、残らないのだ。こういうのは私だけだろうか・・・(皆さん残してます?)

 やはり忙しくても、年賀状に向かって襟を正し、毛筆で相手を慮りながら書くのが一番という気がしてならない。墨を擦っている時間が惜しいので筆ペンにはなってしまうが、今年もそうやって頑張ってみよう。

|

« 讃美歌の向こう側 | トップページ | テオフィリン内服 »

コメント

今朝から必死になって作りました。
やっと出来上がって発送しようとして確認したら、今年、亡くなった方にも出してました。

慌てるとろくなことはありませんです。

投稿: やぶ | 2006年12月25日 (月) 16時20分

やぶ先生

 他ブログへのコメントまで・・・
 先生は面白すぎます。

 天国へ逝かれた方もさぞかし先生からのお便りを待っていらっしゃることでしょう。

投稿: クーデルムーデル | 2006年12月25日 (月) 16時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/144860/4656373

この記事へのトラックバック一覧です: 慌ただしい:

« 讃美歌の向こう側 | トップページ | テオフィリン内服 »