« 仕事をしながら歌うこと | トップページ | 慌ただしい »

2006年12月21日 (木)

讃美歌の向こう側

 ロビーコンサートに引き続き、全病棟を歌って廻った。

 すべての病棟で拍手喝采はもちろん、一緒になってメロディーラインを歌った。

 ホスピス病棟では、多くの患者さんとスタッフが涙を流していた。

 歌い終えた我々の目にも涙があふれていた。

Photo_11

|

« 仕事をしながら歌うこと | トップページ | 慌ただしい »

コメント

こんなに集まったんですね。仲間が。

みなさんの想いを考えるとこちらまで
熱いものが・・・。
素晴らしいクリスマスプレゼントになった
ことでしょうね。

患者のみなさんがこれをパワーに快方へ向かいますように・・・・。

投稿: チョコひげ | 2006年12月21日 (木) 10時42分

チョコひげさん

 ありがとうございます。

 患者さん達の歌う姿が心に焼き付いて離れません。特にホスピスにいらっしゃる方々にとって讃美歌の向こう側に見える風景がどういったものなのか、それを考えると眠れません。

投稿: クーデルムーデル | 2006年12月21日 (木) 13時46分

賛美歌の持つ 美しさは格別だから
ホスピス病棟の方には 辛いものが
あったかも知れません。
感謝の感涙でしょうか ??
それとも。。。

投稿: 犬と猿 | 2006年12月21日 (木) 16時18分

犬と猿さん

 本当に人によってとらえ方は千差万別だと思います。少なくともホスピスの方々のところは、聞きたくない方はお部屋に残って頂くことができました。しかしほぼ全員スタッフルーム前エントランス部に集まって頂けたのです。一緒に歌って頂いている方々の目に涙が浮かんで見えました。それをどう表現すべきか。私には言葉が見つかりません。

投稿: クーデルムーデル | 2006年12月21日 (木) 17時52分

いいなあ。
音楽が流れる病院って。きっとみんなの心が豊かになる。

それにしても美しい病院ですね。

投稿: やぶ | 2006年12月22日 (金) 18時07分

やぶ先生

 建て増しした所は本当に綺麗で、ロビーではしょっちゅういろんな人達がコンサートを開いています。

 心豊かに、落ち着ける場所にしたいものです。

投稿: クーデルムーデル | 2006年12月22日 (金) 23時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/144860/4623185

この記事へのトラックバック一覧です: 讃美歌の向こう側:

« 仕事をしながら歌うこと | トップページ | 慌ただしい »