« そういえば罹ったな中二病 | トップページ | 仕事をしながら歌うこと »

2006年12月19日 (火)

INTERNATIONAL INSTITUTE OF HASHI って

 あるメディアで国際箸学会なるものが先月行われたことを知った。設立の主旨は『箸文化を学び、新しい箸文化を創り、 箸を通じて世界中の人と共に喜ぶ』というものらしく、この度新たに設立されたものらしい。世界の約1/3の人が箸を使って生活しているということも初めて知ったが、なかなか面白そうな学会ではないか。

 そのメディアによると、 本学会の基調講演で亀田病院脳外科の医師が世界から集まる脳外科研修医の能力差について語ったとのことであった。

 その医師曰く、様々な観点から比較したところ身体的特徴や男女の差など多種多様な項目で調べても有意差は見られなかったが、ある一項目だけは脳外科手術の技術習得に大きな差が現れたという。それは日常生活で箸を使うか使わないかと言う差であったというのだ。どうもアジアからやってきた脳外科の研修医が、米国や欧州各国から派遣されてきた研修医よりも、精密な脳外科手術の器具を扱う技術が優れている傾向にあるというのである。

 なるほどそれで日本が技術立国になったのだ・・・と短絡思考に行き着くわけではないが、国力として地力をつけてきているアジアの各国がこれからいろんな場面でライバルとなりうるということを示してくれている気がしないでもない。中国しかりベトナムしかり、インドは手で食べる?ならちょっと違うか・・・それでも無茶苦茶器用に手でスープを飲むぞ・・・それにフォークとナイフで器用に魚を食べる欧州人たちを見ていると、両手を上手く使うところはあちらの方が上のようにも思うのだが・・・

 まあそれでも代々箸を使ってきて、親から伝えられた箸文化を子供に送るこの伝統を良きものと考えることは無駄なことではなかろう。子供達が一流の技術人となることを夢見て週末に豆つかみ競争でもするかな。

|

« そういえば罹ったな中二病 | トップページ | 仕事をしながら歌うこと »

コメント

こんにちは。
先生のおっしゃるとおり、「手(指)を使ってエレガントに食べる」のがいかに難しいか、という話を以前読んだことがあります。
そうすると「手先の器用さ」が問題なのではなくて、箸と手術用具が道具としてどこか共通点があるということなのかもしれないですね。

投稿: いずみん | 2006年12月21日 (木) 03時26分

いずみんさん

 おっしゃるとおりなのですが、脳外科の手術道具って両手で扱うことが多いように思うのです。それならばナイフとフォークを使う文化の方が有利に働きそうに思ったりもするのです。まあ何をもって優れていると言っているのかというところが問題なので、これ以上は言及できません。

投稿: クーデルムーデル | 2006年12月21日 (木) 08時24分

なるほど、、確かによくテレビに出ていらっしゃるノースカロライナの福島先生しかり、、、日本の脳外科医は手術がうまいと思います

僕はアメリカでラットを使った動物実験をやっていましたが、僕がやる血管手術は他国の誰も真似できなかったようです

人間の場合でも、血管吻合の手術などの細かいものは日本の脳外科医の独壇場という気がします

そうか~~箸がよかったのかあ

そういえば、研修医の頃、左手でもご飯を食べる練習していたのを思い出します(左でも器具を上手に使うため)

投稿: 目黒駅前クリニック院長 | 2006年12月22日 (金) 19時43分

目黒駅前クリニック院長殿

 うお~~格好いいぜ!

 そうなんですね。日本の脳外科医って最高じゃないですか。

 ただ箸を使っていたことよりその繊細さというか努力が報われているように思うのですが、いかがでしょう。

投稿: クーデルムーデル | 2006年12月22日 (金) 23時34分

すごいすごいすごい~!
脳外科に勤務しているのがちょっとだけ自慢できる錯覚に陥りました(笑)。

論点はずれますが、お箸を正しくもてるかどうかって、一緒に食べる人にも影響すると常々思っております。正しく持てる人が激減している昨今だからこそ、でしょうか・・・?
テレビでも綺麗な女優さんが高級料理を美味しそうにてべていても、箸使いがおかしければ一気に興ざめしてしまいますから。

お箸、鉛筆を正しく持てるように躾けてくれた両親に感謝です。

投稿: ゆき | 2006年12月26日 (火) 11時01分

ゆきさん

 久しぶりです。元気になったのですね。よかったよかった。

 さて私もちゃんと持っていると思うのですが、長男はさっぱりです。躾ても躾てもダメ・・・次男は正しく持っているのですがね。困ったものです。

投稿: クーデルムーデル | 2006年12月26日 (火) 11時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/144860/4604685

この記事へのトラックバック一覧です: INTERNATIONAL INSTITUTE OF HASHI って:

» ノロウイルス感染症の流行!しかし過剰な報道にご注意! [子供の救急最前線!!育児に関わる人すべてへ]
この時期のニュースでノロウイルスを取り上げない日はないほど、流行していますね。なんと患者数も例年の6倍にものぼるそうですね。死亡者も出ていますね。しかし、個人的にはマスメディアは過剰に取り上げ過ぎているのではと思います。空気感染するとも・・・ ... [続きを読む]

受信: 2006年12月20日 (水) 13時50分

« そういえば罹ったな中二病 | トップページ | 仕事をしながら歌うこと »