« 腎移植(続き) | トップページ | 水電池 »

2006年11月 8日 (水)

エピネフリン自己注射

 この夏、山へ出掛けるにあたって、スズメバチ対策として自己注射できるキットが欲しいと言って来院された家族がいた。それまで存在は知っていたが処方したこともなく、どういったものかを問い合わせたところ、処方医登録しないと出せないとのことで近隣の登録している医師のもとへ行っていただくことになった。

 その後問い合わせもなかったが、先々週患者さんとの何気ない会話の中で蜂の話しになりこの注射キットのことを思い出した。メーカーに問い合わせるとすぐに伺いますとのこと。薬そのものと処方の仕方を説明され、わずか十数分で処方医の登録が完了してしまった。キットそのものは近くの処方箋薬局で扱っているとのことでいつでも出せるのだが、その後一向に希望者が現れない。それもそのはず結構値も張り、2年で回収されてしまうので、よほどトレッキングが好きか農作業などで蜂と遭遇しやすい人でなければ手元に置いておくのももったいない。霜・木枯らしの到来で蜂の動きも鈍くなるこれからはそれこそ希望される人もいないだろうから、来年の春まで患者さんへの説明ビデオなど封も開けずに置いておくほかない。なんともはや気長な商品である。この製薬会社大丈夫かな??

 同じような扱いになってしまっているのが、喘息治療のためのステロイド吸入剤。噴霧器で薬を飛ばして吸い込むタイプのものだが、これは大きな噴霧器(吸入器)を買わなくてはならない。ステロイドの吸入剤は他にエアロゾルといってわずか10センチ弱の携帯型噴霧器で吸うか粉を自力で吸い込むかという2種類あるが、幼少児にはエアロゾルを簡単に使用できる補助具が無料で提供される。うまくできればこれでもちゃんと吸入できるので、なかなか前者の薬を希望する家庭は少ない。もちろん度々の発作のため気管支拡張剤を吸入するための噴霧器をもっている家庭ならばすんなりと受け入れてくれるとは思うが。

 ということでなかなか処方されない薬の話しでした・・・・・

|

« 腎移植(続き) | トップページ | 水電池 »

コメント

こんばんは。お忙しいところ恐れいります。
喘息についてお尋ねしたいのですが...

娘が喘息で毎日オノンを服用し、ホクナリンテープを貼って過ごしています。季節柄、夜中に咳き込むことが多く、また軽く走った程度でもひどく咳き込みます。外来でも喘鳴は聴診器でかすかに聞こえるくらい、もしくは聞こえない日もあり、ほとんど咳が主症状です。
オノンを飲んでいるので、このレベルで保たれているのか、それとも咳喘息発症?なのか新たに疑問が生まれました。そこでこの吸入ステロイドは咳喘息に有効と知り、先生のお考えをお聞かせいただければありがたいです。

投稿: ぺんぎん | 2006年11月 9日 (木) 22時53分

ぺんぎんさん

 初めまして。喘息のお子さんのいるご家庭はこの季節大変ですよね。

 さてお尋ねの件ですが、オノンなどロイコトリエン拮抗剤だけでも咳喘息によく効く場合があります。それでもダメな場合はステロイドを試してみるべきでしょう。すぐには効果が現れませんので2週間以上は試してみましょう。
 ただ本当に咳喘息なのかというところも気掛かりですから、血液検査でアレルギーチェックをすることと、通常の状態での呼吸機能検査値と気管支拡張剤を吸った後での検査値を比べてみたりしてより正確に診断すべきかもしれません。呼吸機能検査は幼児用のもの(マイクロリントやピークフローメーターなど)がなければ小学校高学年以降でないとなかなか測定できませんので、医師に問い合わせてみてください。
 もちろんこれらの検査で何もひっかからないお子さんもいます。その場合は副鼻腔炎やマイコプラズマによる感染などがないことを確認し、上記の薬や気管支拡張剤の内服、運動前の吸入などを試してみる他はありません。
 まだまだいろんな方法がありますから、医師とよく相談すること、そしてどんな場合に咳がでたのかを喘息日誌を使って記録していくのがよいでしょう。ステロイドの吸入も使用法を間違わなければ副作用の心配をせずとも良き友のように付き合っていけますからやってみてください。
 それではお大事に。
 

投稿: クーデルムーデル | 2006年11月10日 (金) 08時53分

お忙しい中、さっそくのコメントありがとうございました。次回の外来を前に、考えをまとめ主治医の先生と今後のコントロールについて相談したいと思っています。

実は、コメントですが初めてではないのです。以前、先生が佐倉のふるさと広場の風車を背景にコスモス畑の画像を載せられていた時に一度...。臼井に住んでいたことがあり、懐かしく拝見しました。

投稿: ぺんぎん | 2006年11月10日 (金) 21時03分

ぺんぎんさん

失礼致しました。
これからもちょくちょく遊びにおいでください。

投稿: クーデルムーデル | 2006年11月10日 (金) 23時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/144860/4110442

この記事へのトラックバック一覧です: エピネフリン自己注射:

« 腎移植(続き) | トップページ | 水電池 »