« 羨望のフェラーリ | トップページ | ほのぼの »

2006年10月 5日 (木)

カンファレンス

昨日は某都立病院の腎臓カンファレンスに参加した。うちのスタッフ2名が小児病院というもの、そして腎疾患特に腎不全の児をどう看護しているのか見たいとの申し出があり、連れて出掛けた。

その病院は腎疾患治療で世界的に有名な病院のひとつであり、昨今新聞紙上を賑わしている生体腎移植も月2例ずつ行われている。一時期に比べ腎不全で腹膜透析を行う患者さんが減って、入院患者さんも少なかったが、それでも新生児の腹膜透析を看護師と見学し、自分がそういった子供達の主治医をしていた頃の話しを聞かせた。残念ながら昔担当患者さんだった人は入院しておらず、親からの意見などは看護師に聞かせることはできなかったが、今の病院とは全く違った世界に驚き、もっと勉強しようと言う意識が芽生えたようで連れていってよかったと感じた。

夜は病理組織のカンファレンスがあり、うちの症例で判断に苦しむ症例も呈示し夜半までディスカッションを繰り広げた。ボスは相変わらず何処が天井かわからないほどの勉強をしていて、いろいろと教えていただいた。病理組織はちんぷんかんぷんの看護師さんも参加させたが、私の解説もよかったのか?当人達は眼をランランと輝かせてカンファレンスに聞き入っていた。

22時を回ったところで、カンファレンスの余韻がまだ冷めやらぬ病院を後にし、いつもの『ほらふき』でラーメンをすすって帰った。

病院にもどったのは1時を過ぎていたが、アカデミックな討議に頭も気持も酔いしれていた。看護師さんたちもまた行きたい(ラーメン屋だけでなくもちろん病院に!)と言ってくれたこともあって、気分良く眠ることができた。

|

« 羨望のフェラーリ | トップページ | ほのぼの »

コメント

これぞドクターの世界ですねえ。頭が下がります。
それに引き替え、私のやってることなんて・・ちょっと落ち込みます。

投稿: やぶ | 2006年10月 5日 (木) 08時56分

やぶ先生

いいえ、先生。
先生のなさっていることは尊い医療行為です。医療の原点であることを皆が知っていますので、どうかお続け下さい。

私も地域医療を手掛けるものとして先生をお手本に頑張りたいと思っています。ただ先端医療にも少し未練があるので、そのお手伝いはしていくつもりです。

投稿: クーデルムーデル | 2006年10月 5日 (木) 12時57分

他の病院で行われていること、自分達がしていること、両方を見て感じて刺激を受ける。そこからまた新たなヤル気が生まれてくる・・・そういう気持ちのお手伝いをしてくれるドクターがいるのは、とても貴重です。

学会以外に他院を見る機会があるのは羨ましいです(ウチは手続きだのナンだのと、お上がうるさいので)。

投稿: ゆき | 2006年10月 5日 (木) 19時13分

こんばんは

都立某小児病院は私も研修に行きたいと願った病院でした。ちょっと、羨ましいという気持ちもあります。^ ^

このようなカンファは、学会よりもむしろ臨床の実力をつけるのではと思います。

投稿: befu | 2006年10月 5日 (木) 21時59分

ゆきさん

おそらく正式に見学となるといろいろあったと思いますが、今回は私が勤めていた病院であり、しかも師長さんもよく知っている人だったので簡単に済んだというところだと思います。
やる気になっている看護師さんは本当にありがたいので、こちらとしてはいくらでも手助けしたいですよ。

投稿: クーデルムーデル | 2006年10月 6日 (金) 08時14分

befu先生

 ここのボスは臨床第一でそれが終わってからリサーチしなさいと言うのが口癖です。実験室もわずかですがあり、時間のあるときにマウスでほにゃらら・・・もしてましたが、臨床できないとけちょんけちょんに言われるので、やはり小児科はどこでもそうでしょうが臨床主体ですね。
 論文は門下生すべての中で毎年一番いい論文を書いた人を表彰するシステムもあり、数年前に私も頂くことが出来ました。カンファレンスそのものも関東にいてくることのできる門下生(横浜・松戸・埼玉・国立成○、等々)が週一回集まってきますので、臨床も学術討論も盛んに出来ます。
 先生ももし都合がつきましたら、水曜のカンファレンスに参加してみてはいかがでしょうか。オープン参加全く問題ありませんよ!

投稿: クーデルムーデル | 2006年10月 6日 (金) 08時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/144860/3695025

この記事へのトラックバック一覧です: カンファレンス:

« 羨望のフェラーリ | トップページ | ほのぼの »