« すすきゆれて | トップページ | 高熱 »

2006年10月10日 (火)

北の暴挙

北が核実験を行った。頼りない地震波だが観測されたものから類推するに、小さいものながら核実験を行ったのは間違いなさそうだ。

ならず者でしかも独裁者の心持ち一つでボタンを押せる国家が核を持つ意味を考えるにつけ、いつどんな惨劇が繰り広げられるのだろうという不安がよぎる。

もし東京に核を打ち込んできた場合どうなるのか、想像したことがあるだろうか?

何万という人が一瞬にして命を奪われ、死の灰は東日本一帯にひろがり不毛の焦土と化すであろう。それはどんな人間にも平等に降りかかってくる。北への制裁を叫んだ人にもそれに反対した人にも。このとき同盟国アメリカは立ち上がるだろうか?中国の目と鼻の先に空母を乗り付け、ミサイルを撃ち込むことができるのであろうか?おそらくそれは叶うまい。

ところが北としても日本に落としても占領できるわけでなし、最後の放屁くらいにしかなりようがなかろう。韓国その他に落として戦争しても勝つ見込みは限りなく低い。それならば核による抑止というほおかむりを決め込むために実験をしたとしか思えない。兵糧責めをやめないと痛いめを見るぞとうそぶいているだけなので、今兵糧責めを更に強固にすることが重要なのだと思う。もし北が核をどこかにぶち込むのであれば、国が崩壊したあと金一族の命は間違いなく消されるであろうが、ぶち込まなければもしかしたら中国に亡命できるかもしれない。そのルートを確保しておくという危機管理くらいは将軍様もできるだろうから、おそらく他国へ落とすことはないだろうが・・・

いずれにせよ調停役となっていた中国の面子は丸つぶれとなったわけで、ここが今回の事件の鍵を握ると推定される。エネルギー問題や環境汚染問題で先進国だけでなく世界から白い眼を向けられている中国が、大国としての面子を意識するならば、金一族を亡命させた上で北を潰し、朝鮮半島の統一を後押しするというのが一番のシナリオ(プラス共産党による統治だがこれは叶わない)だろう。もし万が一アメリカが参戦してくるようなことがあってはならないし、仮にそうなった場合、朝鮮戦争の二の舞であるためこれだけは避けたいと願っているに違いない。ただし共産国家の崩壊は自国民、特に農村部にとっては自国の安定を揺るがす火種となりうるためそう簡単に行えるものではない。おそらく落としどころを必死で探している状況なのだろう。

日本政府が今しなくてはならないことは、兵糧責めの強化はもちろん、先制攻撃の必要性を論議すること、北のゲリラ活動への対策を練ること、そして北の難民の受け皿を確保することである。特に難民受け入れは相当数覚悟しなくてはならないだろうし、それを表明することで北の崩壊を助けることになるだろう。

のっぴきならない状況になってきたことは言うまでもない。これらを今論議しなくていつおこなうのか??

政府の発表と報道特番などに期待したい。

|

« すすきゆれて | トップページ | 高熱 »

コメント

今の北朝鮮は、第二次世界大戦に突入する前の日本とちょっと似てますよね。
日本も列強に包囲網をしかれ、経済制裁をみまわれて、冷静に考えれば到底勝てそうもない相手に対して暴発してしまった訳で・・。
まあ、当時の日本と世界よりは圧倒的に軍事力の差がありすぎますが・・窮鼠は猫をかむからなあ。

座して死を待つより、打って出て名誉ある一太刀・・なんて考えられたら・・おお怖い。

投稿: やぶ | 2006年10月10日 (火) 18時51分

こんばんは
クーデルムーデル先生

トラックバックありがとうございました。
冷静沈着に計算されたものなのか?それとも、狂っているのか?
後者でないことを祈るのみです。

それと、HNを変えました。今後ともよろしくお願いします。^ ^

投稿: いなか小児科医 | 2006年10月10日 (火) 22時29分

やぶ先生

日本や韓国の現状をアメリカの精神的植民地支配と考えるならば似ているというよりそのものでしょう。しかし周辺国が皆欧米の食い物にされていた時代とはちょいとわけが違いますよね。
それにしても見事なまでにアメリカの空爆で叩きのめされた国を見てきているにもかかわらずっていうのが将軍様の粋なところかもしれません!?

投稿: クーデルムーデル | 2006年10月11日 (水) 10時28分

いなか小児科医殿

こちらこそトラックバックありがとうございました。
計算高いというのは間違いないですから、そろそろ逃げ出す算段を考えていると思いたいのですが、どうでしょうか。

投稿: クーデルムーデル | 2006年10月11日 (水) 10時30分

根幹をなす経済が破綻した国家が
アメリカと同等であり得る筈がない。

今回の件で 中国と韓国は
方向転換を迫られそうです。

投稿: 犬と猿 | 2006年10月11日 (水) 20時31分

犬と猿さん

そこなんですよね。北の今は戦前の日本と似ているといってもそういう点でわけが違っていると思えるし、思いたいのですが・・・まあ周りが見えていないのは一緒ですがね。

中国はまだ国連憲章第7条を盛り込むことに反対しているようですが、どうなるでしょうか。難民を考えると強行にでられないというのもわかりますが、これでは大国としての面子は丸つぶれのままになりますね。韓国も現政府の最大の政策を否定されたわけで、かくなる上は日本たたきしか生き残る道はなし!となりそうですが、いかに。

投稿: クーデルムーデル | 2006年10月13日 (金) 09時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/144860/3754763

この記事へのトラックバック一覧です: 北の暴挙:

» 標的? [いなか小児科医]
2006年10月9日 晴れ 気持ちのいい一日ですが...お隣の国では、戦慄の実験 [続きを読む]

受信: 2006年10月10日 (火) 22時19分

« すすきゆれて | トップページ | 高熱 »