« 今朝の印旛沼 | トップページ | 飛来 »

2006年10月18日 (水)

教師の言葉 ①

教師の言葉は重い。

ましてや衆人環視の下での言葉は逃れようがない。

この度の事件、伝え聞くところでは『偽善者』と呼んでからかったとのことであるが、そこに本当の意味での善の心をはぐくんで欲しいという親心なしに語られたのであれば言語道断である。感受性の強い思春期の子供達は、受け止め方もそれぞれであり、その言葉に奮起するものもあれば、心の傷として残るものもいるということが教師であればわからぬはずはなかろうに。

教師に投げかけられた言葉は私にとっても重大なものであった。

中学2年生の春、初めて集まった新2年生のクラスで学級委員の選抜が行われた。担任は鉄拳と口撃で恐れられていたK先生で、集まった生徒達はみなビクビクしていた。ただ一人を除いて。実はこの担任には古くからの友人である内科開業医がおり、その息子がクラスの一員として座っていたのだ。彼は(後に私の最も親しい友人となると同時に某国立大を経て肝臓専門の内科医となる)当時全く話したこともなかったが、人当たりのよさと学業の優秀さから一目おかれる人物であった。当然彼が学級委員長になると思っていたところ、クラスメートの投票では何故か私の名前が一番多く書かれていた。これには私を困らせてやろうという魂胆も十二分にあったのだろうが、とにかく私が委員長になってしまった。その時の担任Kの驚きようといったら・・・こいつは一体何者だと睨みつけるばかりであった。

それからというもの毎朝毎晩ご用聞きに伺っては、アホ・バカ・カス呼ばわりの果てに殴られる日々であったし、「何故あいつじゃなくてお前が委員長なのかわからん。」とまで言われ続けた。不満は私だけに留まらず、面談にやってきた母親も口撃を受け、悔し涙を流してくることも一度や二度ではなかった。私と母親が攻撃対象になっていたからか、他の生徒は授業でよっぽどのことがない限り鉄拳をくらうことはなかった。

今から考えると常軌を逸していると思うし、母親も「お前が嫌だと言わなかったから訴えなかっただけだ。」とまで話すところをみると、先の教師など序の口だとも思える。私にとって救いは彼の言葉に乗じてからかってくるクラスメートが皆無であったことであろう。黙りを決め込んでいただけかもしれないが・・・

ただ私は彼がそう言うのには何か理由があるのだろうと思うことに専念し続けていた。自分で言うのもなんだが、そのためにどれだけの努力をしたか。担任の教える国語では常に一番を取り、リーダーとはなにかを常に考え、例え疲れ果てて皆が道に座り込んでいるときも皆を見渡せる位置に立って何事にも対処できるように身を律した。それは学級委員を退いた後も続き、卒業までその姿勢を崩さなかった。ただクラス担任も離れてしまうと、他の生徒を罵倒している話しを聞くだけで、実際に鉄拳を受けることは二度となかった。

卒業式の日、Kやその他の教師に恨みをもつ悪童たちが「今日、あいつらをやる!」と息巻いていた。

そこで何が実際に起こったのか記憶にない。

しかしKはその日何も言わず、私と固い握手をしてくれた。「この人はなんだかんだ言っても私を見ていてくれたんだ。」という思いで、いっぱいになったことだけ覚えている。

|

« 今朝の印旛沼 | トップページ | 飛来 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/144860/3865958

この記事へのトラックバック一覧です: 教師の言葉 ①:

« 今朝の印旛沼 | トップページ | 飛来 »