« 長生フットボールコート | トップページ | 正義と悪 »

2006年9月11日 (月)

思春期

昨日の影響で憂鬱な外来日となった。

鉛のような身体を引きずって外来へ到着するともう既にカルテの山が・・・

しかししょっぱなの男子で復活した。というのは

「先生、しっこがやたらと出るんッスよ。しかも出たのに残ってる感じ。気持悪いッス。」

「わかったわかった。で、膿はでるの?痛みは?」

「膿・・・ちょっと白いッス。でも痛みはないな~~。」

「この一週間で女の子とエッチしたか?」

「えっ、この一週間ッスか・・・してないッスよ。俺もてるんだけど、してないッスよ。いや本当!」

「わかったわかった。信用するけど、もしそういうことがあったら女の子にも治療をしなくちゃならないこともあるから、必ず言えよ。」

腎移植後の患児だが、拳法をやっている好男子で軽口を言い合いながらの診療でスタートできたのだ。

その後はいつも通りの外来で推移し、午前の最後に来た中学2年生はタマタマの痛みでやってきた。

「いつから痛いの?」

「2週間くらい前に体育祭の練習が始まって、それからです。」

「どれ、見せてもらおうか。」「あっ、そうそうお母さんと看護師さんには出ていってもらおうな。それとも見せたい?」

「いっ、いえ。」

二人っきりの診察室でズボンを下ろし、陰部を確認すると精巣の上の静脈がグニャグニャと腫れ上がっていた。精巣静脈瘤だが精巣も少し小さくatrophy?と感じ、これは泌尿器科にまかせる他はなかった。

「そこが、ちょっと・・・」ともぞもぞさせながらも

「それからち○この先の、この白いのなんですか?」

「そりゃ君、恥垢だよ。大丈夫、心配ない。ちゃんとしないとモテないぞ。」

「はい!わかりました!!」

母親には淡々と説明し、泌尿器科への紹介状を持たせた。

午後の最後に来た女の子は鉄欠乏性貧血でフォローアップしていて、先月肉親の看病からストレスによる十二指腸潰瘍を起こした子であった。

「先生、先週生理みたいな血がおしりから出たから来た。」

「ということは真っ黒じゃなく、真っ赤ッカだったんだな?」

「そう。ポタッ、ポタッて出てきた。でも痛くなかったんだよ。」

「その前にうんこが固かったりしなかった?」

「う~~ん、固かった時もある。」

「よし、じゃあ痔かもしれんから見せてもらおうか。」

「え~~、先生に見せるの?」

「俺じゃ不服か?な~~んて言わんよ。女医さんに見てもらおう。外科の先生だよ。別に俺に見せてくれてもいいけどな。」

「見せたら減る。」

「ハッハッハ。わかったからちょっと外で待ってな。」

外科の先生に診察してもらった結果、痔であることが判明し、薬を処方され笑顔で帰っていった。

小児科医にとって診察が難しいのは乳幼児ではなく、思春期の子供達だと思う。精神の成長過程の彼彼女たちは今回のようにはすんなり行かないことが多い。診察の雰囲気ひとつで重要なことをしゃべってくれなかったり、薬を飲んだと言いながら飲まなかったりなどざらである。(特に難しいのは拒食症の患児で、今度詳しく述べることにする。今日はここまで。)

ということで和気藹々の外来が今日も繰り広げられたのであった。

|

« 長生フットボールコート | トップページ | 正義と悪 »

コメント

こんばんは
お疲れ様です。

<特に難しいのは拒食症の患児で、今度詳しく述べることにする。

そうですね。ANは、専門の機関に任せています...。

関連する記事をトラックバックさせていただきます。

投稿: befu | 2006年9月11日 (月) 20時42分

befu先生

トラックバックありがとうございました。ANは大学にいたころ大変な思いをしました。エネルギーのある病気という表現はよくわかります。私には「関係者すべてのエネルギーを根こそぎ吸い取る病気」のように思えるほど、彼女たちと闘病を繰り返した記憶があります。

それにしても小児科にとっても内科その他の科にとっても思春期って特別だと思いませんか?

投稿: クーデルムーデル | 2006年9月12日 (火) 08時35分

拒食症はギブアップですが、最初の子とタマタマの子は診られます。
暇ですから紹介して下さい。

投稿: やぶ | 2006年9月12日 (火) 09時04分

やぶ先生

若い子のち○こやタマタマをご所望でしょうか。当方停留精巣の1才児や夜尿症をかかえる小学生など各種とりそろえておりますので、ご自由にお選び下さい(冗)。

投稿: クーデルムーデル | 2006年9月12日 (火) 10時40分

こんばんは
おつかれさまです。

<それにしても小児科にとっても内科その他の科にとっても思春期って特別だと思いませんか?

「疾風怒濤の時代」などという表現もありますが、ホント微妙な時期ですね...気を使います。

投稿: befu | 2006年9月12日 (火) 22時13分

befu先生

小児科学会は成人になるまで小児科医が診ますという宣言をしてますが、広義の小児科の中に新生児科があるように、思春期専門の医者が必要だと思うくらい思春期の子供達って違っていて難しいですよね。先生のおっしゃる「疾風怒濤の時代」って教科書に載っている通り肉体も精神も劇的に変化する時期ですからね。
自分の思春期は中学に入ってからで、何に対しても「別に・・・」としか応えなかったですから。悶々としてたな~~

投稿: クーデルムーデル | 2006年9月13日 (水) 08時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/144860/3402945

この記事へのトラックバック一覧です: 思春期:

» 拒食症 [いなか小児科医]
2006年5月27日 雨 『Top of the world』などの世界的なメガ [続きを読む]

受信: 2006年9月11日 (月) 20時44分

« 長生フットボールコート | トップページ | 正義と悪 »