« 異物による気道閉塞 | トップページ | かみつきがめ »

2006年8月29日 (火)

モラル&想像力の欠如

飲酒運転が再び幼い命を奪った。

報道でも各種ブログでも飲酒運転の悪をあらん限りの力で説いている。もちろんその通りであるし、それに異論を挟むつもりもない。モラルの欠如、想像力の欠如、まさにその通りだと思う。

しかし事は飲酒運転撲滅ということだけに留まるものではない。

昨今の道路交通法違反の状況は目に余るものがある。集団暴走行為は少なくなったものの、信号無視や右折レーンからの強引な横入り、携帯片手に運転、メールしながらの運転、裏道と呼ばれる住宅街の生活道路を猛スピードで駆け抜けるなどほとんど日常と化している。自転車の無灯火、暴走もひどく、きちんと光をつけている自転車は3割程度。歩行者も信号無視は当たり前・・・

これでは飲酒運転を厳罰にしたところで、痛ましい事故がなくなるはずはない。公共のルールが守れない輩が公共物を利用することは許されることではない。それは当然のことであろう。

幼い子供達は社会のルールを一つ一つ学んでいく。知らない世界へ足を踏み入れるためのルールを身につけていく最中に、大人の心ない行為を目にする。それが日常と悟った時に、ルールを反古にしてしまう力に屈してしまう。ここから変えなければ痛ましい事故はなくなることはない。

小さな事、不便極まりないことかもしれないが、まずは歩行者の信号無視を取り締まり、ルールを守ることの必要性を認識させることから始めてはどうか。

その上で車メーカーに注文がある。酒気帯びの運転手の場合エンジンがかからないようにして欲しい。狭い道に入ったらいくらアクセルを踏んでもスピードが出ないようにして欲しい。技術的に不可能はないはずだがどうだろうか?

渋滞の東名高速で隣のトラックの運ちゃんがビールを片手に運転していた光景が目に焼き付いている。そういった連中が堂々と公共の場に姿を現すという社会はおかしいのだ・・・・

|

« 異物による気道閉塞 | トップページ | かみつきがめ »

コメント


本当に毎日悲しいニュースが多いですね。

私も昔、友達の車に乗っていた際、隣の車のおじさんがビール片手に運転しているのを見て、恐怖のあまり鳥肌が立ちました@国道16号線・・・大人の身勝手な行動で、子供たちが悲しい目に遭うのは許せません。

投稿: ゆき | 2006年8月30日 (水) 03時13分

ゆきさん

本当に許せないですね。何を考えているのでしょうか。やはり人のモラルに訴えるだけでは何も進展しない世の中になってしまったようです。車そのものを変えるしかないのでしょうね・・・

投稿: クーデルムーデル | 2006年8月30日 (水) 08時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/144860/3245427

この記事へのトラックバック一覧です: モラル&想像力の欠如:

» 老眼について [メニコン]
老眼を調べてみると、老視ともいわれるようですね。老視(ろうし)は、目の障害の一つ。老眼(ろうがん)とも呼ばれるが、老視が正式名称。40代から60代にかけて発生する障害。 加齢により水晶体を調節する毛様体の筋力が衰える。 これにより水晶体の弾性が...... [続きを読む]

受信: 2007年2月16日 (金) 19時19分

« 異物による気道閉塞 | トップページ | かみつきがめ »