« タワーレコード倒産!? | トップページ | 小児科夏祭り »

2006年8月25日 (金)

Plutoお疲れ様・・・

冥王星が惑星から格下げとなった。

水金地火木土天海冥で今は冥海か?海冥か?と言わなくてもよくなるのだ・・・ってこれはどうでもいいことなのだが。

太陽と地球の距離を1天文単位とし、同一平面に惑星が存在した場合、それぞれの惑星の関係を力学的に考えると火星と木星の間に惑星がないとおかしいという。そこでよくよく観察するとアステロイドベルト(小惑星帯)があることが発見された。この天文単位などから惑星運行を計算していくことによりウイリアム・ハーシェルは天王星を発見した。そして天王星の動きの不安定さに気付いたルベリエが天王星運行に影響を与える惑星の存在を示唆し、他の観測者により海王星が発見された。その海王星の動きに影響を与えるものとして冥王星が後に発見されることになったが、海王星の軌道とクロスすることなどからその質量、成り立ちについて疑問の声があがっていた。

その後望遠鏡観測を始めとして天文観測技術は格段の進歩を遂げた。岩のごとく小さな天体も見つけられるようになり、惑星という定義はどうあるべきか、太陽を廻る天体はすべて惑星とするなら彗星も惑星とすべきかなど様々な議論がなされてきた。たまたま今回惑星に値するか否かという大きな天体が発見されたため、議論が再びわき起こり、ひとまずの決着を得たというところだろう。

たかが惑星の定義というなかれ。これを考えることで地球外生物の存在、地球と同様な環境をもつ他の太陽系惑星の存在を類推する根拠となるのである。

蒸し暑い夜を七転八倒して寝汗をかくだけでなく、星空のロマンに身をゆだね、遠くの天体に思いを馳せるのも人間に許された贅沢な夢として日常をおくるのもおつなものではないか。

                                 by 天文フェチ

|

« タワーレコード倒産!? | トップページ | 小児科夏祭り »

コメント

最近、ゆっくりと星を見る機会もありませんね。天の川を目の当たりにすると、ちょっと感動しますけどね。

投稿: やぶ | 2006年8月25日 (金) 15時10分

やぶ先生

今年はペルセウス座流星群も騒がれませんでした。しかしいつでも星は空で瞬いているはずです。

投稿: クーデルムーデル | 2006年8月25日 (金) 17時29分

中学生の頃、夏休みのこと。

明け方に目が覚めて空を眺めていたことがあります。数えきれないほどの流星群が観察できました@成田

投稿: ゆき | 2006年8月25日 (金) 22時55分

ゆきさん

ペルセウス座流星群はほんとうに多くの星が降りますよね。中高のころはよく観測会をしました。鳥取の氷ノ山というやまのスキー場前広場で寝転がって見た空はものすごいものでしたよ。

投稿: クーデルムーデル | 2006年8月25日 (金) 23時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/144860/3199283

この記事へのトラックバック一覧です: Plutoお疲れ様・・・:

« タワーレコード倒産!? | トップページ | 小児科夏祭り »