トップページ | 2006年9月 »

2006年8月31日 (木)

検査器械の耐用年数

レノグラムの測定器が壊れてしまった。

とりあえず応急処置?で一日だけのstopで稼働し始めてくれたので事なきを得たが、このレノグラム、20年以上使い続けているようで、もう替えの部品がないという。

レノグラムは腎臓をやっている医者には必需品である。水腎症の精査&フォローアップでは欠かせない。我々の施設では小児科だけで週に数件オーダーしている。医療用放射性物質をカウントする極単純な器械なので、気にもとめていなかったが、そうとうガタがきているようだ。

資材課に頼んで買ってもらうほかないのであるが、おそらく当初予算にはいっていなかったものであるから、年内はこれをだましながら使うほかないであろう。

話しはかわるが、朝日新聞の一面に自衛隊がイラクに残していった医療用器械の話しが出ていた。新生児のクベース(保育器)は非常に役立っていて新生児死亡率が格段に向上したとのことであったが、尿の分析器は壊れ、その他の器械も説明書きが日本語のため何の器械かもわからない状態だという。日本における耐用年数からすると全く問題なかったのだろうが、ほこりと砂の世界でデリケートな器械がどれだけ耐えうるのか、またそれを整備できるのかを予想しなかったのだろうか・・・なんだかいつもの自画自賛ODAのようになっているのかもしれない。

それでも日本国内なのに壊れてからさてどうしよう・・・って言っているくらいだから仕方ないかもね。

とにかく患者さんの不利益にならないよう皆で頑張ろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月30日 (水)

似てるかな~?

診察室の壁に絵を飾っている。

来院した子供達が書いてくれた絵である。

来院中の待合い時間に書いたものあり、退院後のフォローアップで来る時に書いて持ってきてくれたものあり、患児の兄弟がこれも貼ってと頼まれたもの等々。

先日この絵を見たお父さんが、「これ似てる~先生、そっくり!ワッハッハ!!」と言い去っていった。

髪が立っているのが似てるのかな・・・・・

もうちょっとハンサムなようにも・・・・

Photo_3

| | コメント (2) | トラックバック (0)

かみつきがめ

夏休みに入って連日報道のあったかみつきがめ。

印旛沼で初めて野生化したこの亀が繁殖していることが発見され、印旛沼=かみつきがめという不名誉な図式が成り立ってしまっている。

環境省は印旛沼地域に生息しているこの亀の調査を行い、駆除の方法について検討を始めているが、何でも食べてどこでも卵を産み付けるということがわかったくらいで、有効な手立てを見つけるには至っていない。

困ったものなのだが、毎日印旛沼周辺を自転車通勤している私の視界の中にかみつきがめが入ってきたことはない。きっとルアーフィッシングに訪れる人達は一度や二度出会ったことがあるのだろうが、自転車道などには姿を見せないということなのであろう。

それにしても川鵜が羽を広げて休む霧のたなびく川面の下で、かみつきがめがうごめき、大口バスが土着の魚たちを食い荒らしているのだと思うと、なんとも切ない思いを抱いてしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月29日 (火)

モラル&想像力の欠如

飲酒運転が再び幼い命を奪った。

報道でも各種ブログでも飲酒運転の悪をあらん限りの力で説いている。もちろんその通りであるし、それに異論を挟むつもりもない。モラルの欠如、想像力の欠如、まさにその通りだと思う。

しかし事は飲酒運転撲滅ということだけに留まるものではない。

昨今の道路交通法違反の状況は目に余るものがある。集団暴走行為は少なくなったものの、信号無視や右折レーンからの強引な横入り、携帯片手に運転、メールしながらの運転、裏道と呼ばれる住宅街の生活道路を猛スピードで駆け抜けるなどほとんど日常と化している。自転車の無灯火、暴走もひどく、きちんと光をつけている自転車は3割程度。歩行者も信号無視は当たり前・・・

これでは飲酒運転を厳罰にしたところで、痛ましい事故がなくなるはずはない。公共のルールが守れない輩が公共物を利用することは許されることではない。それは当然のことであろう。

幼い子供達は社会のルールを一つ一つ学んでいく。知らない世界へ足を踏み入れるためのルールを身につけていく最中に、大人の心ない行為を目にする。それが日常と悟った時に、ルールを反古にしてしまう力に屈してしまう。ここから変えなければ痛ましい事故はなくなることはない。

小さな事、不便極まりないことかもしれないが、まずは歩行者の信号無視を取り締まり、ルールを守ることの必要性を認識させることから始めてはどうか。

その上で車メーカーに注文がある。酒気帯びの運転手の場合エンジンがかからないようにして欲しい。狭い道に入ったらいくらアクセルを踏んでもスピードが出ないようにして欲しい。技術的に不可能はないはずだがどうだろうか?

渋滞の東名高速で隣のトラックの運ちゃんがビールを片手に運転していた光景が目に焼き付いている。そういった連中が堂々と公共の場に姿を現すという社会はおかしいのだ・・・・

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年8月28日 (月)

異物による気道閉塞

土曜外来も終わり、帰り支度をし始めたところに電話が鳴った。

救急隊からでビスケットをのどに詰まらせた1歳児をお願いとのこと。

最悪気管切開もあるかと待ちかまえていたが、母親に抱きかかえられ、泣き叫んでの来院であった。

15分ほど前に棒状のビスケットを持たせていたら、急に顔色が悪くなった。息をしていないのであわてて口の中に指を突っ込んでビスケットをかき出し、足を持って逆さ吊りにして背中を叩いたら泣き始めたとのこと。

痙攣の既往はなく、手足の屈曲なども認めず、やはりビスケットをのどにつまらせたのだろうけれど、指でかきだすのは反対に押し込んでしまう可能性が高く、無事うまくいって良かったけど、本当はしちゃいけないんだよと話した。

口の中を覗くと、扁桃のあたりが血糊でべっとりしており、強く引っ掻いた痕であると思われた。

なにより本人が落ち着きを取り戻し、遊び始めたので我々も両親もホッと胸をなで下ろしたが、チビちゃん達は本当に目が離せない。

この間も公園で遊んでいるまだよちよち歩きの幼児がこんにゃくゼリーをお兄ちゃんからもらおうとしていたところを発見し、危ないと制止した。近くにいた親に気をつけるよう諭すとありがとうございましたと恐縮していたが、そんな親ばかりでなく、いつもやっているから平気だとくってかかられることもある・・・

なんといっても子供達の死因第一位は不慮の事故(溺水など)なのだ。防ぐ手だては大人が気をつけるほかあるまい。そこで注意すべき事、やってはいけないこと、救急法は常識として知っておいてほしいものである。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006年8月26日 (土)

へろへろ

昨夜の夏祭りの後、急病診療所の当番で朝まで救急患者さんを相手にしていた。

さすがにヘロヘロだが、土曜日の外来もこなさなくてはならない・・・

と思っていたら、随分とすいていてこうしてブログを書くことができた。

急病診療所での目玉は5才の喘息の重積発作。一連のコースでよくならず、2次救急へ搬送となった。おそらく入院加療となっているだろうが、近医では6月からしばらくステロイドの内服も指導されていたらしい。いったいどんなコントロール状態だったのか知りたいところであったが、そんなことをしている暇のない急病診療所なのであった。

それにしても眠い・・・・・・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年8月25日 (金)

小児科夏祭り

私がこの病院に来てから3年連続の夏祭りをおこなった。

いつもの射的・輪投げ・スーパーボールすくいの他、今回はシンセサイザー奏者による演奏もあった。

子供達は病棟・外来ともに大勢集まり、無茶苦茶盛り上がった。どうも年々グレードアップしている気がする。やっていることは同じなのだが、3回目ということもあって皆が慣れてきたせいかもしれない。事務方が寸劇まで用意してくれて子供も大人も楽しめたし、当の本人達もいつもと違って活き活きしていた。

私もそろいのハッピを来て子供達の遊びのお手伝い(的屋の親父)をした。

最初ははにかんでいた子供達もみな本当の笑顔を見せてくれた。

これに勝るものはない。Photo_1 Photo_2

最後は花火で締めくくった。

子供達を送り、後かたづけをすると線香花火が残っていた。

スタッフ皆でしゃがみ込み、じいっとか細い火の玉を見つめた。

夏ももうすぐ終わりだよと

ジュッと落ちた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Plutoお疲れ様・・・

冥王星が惑星から格下げとなった。

水金地火木土天海冥で今は冥海か?海冥か?と言わなくてもよくなるのだ・・・ってこれはどうでもいいことなのだが。

太陽と地球の距離を1天文単位とし、同一平面に惑星が存在した場合、それぞれの惑星の関係を力学的に考えると火星と木星の間に惑星がないとおかしいという。そこでよくよく観察するとアステロイドベルト(小惑星帯)があることが発見された。この天文単位などから惑星運行を計算していくことによりウイリアム・ハーシェルは天王星を発見した。そして天王星の動きの不安定さに気付いたルベリエが天王星運行に影響を与える惑星の存在を示唆し、他の観測者により海王星が発見された。その海王星の動きに影響を与えるものとして冥王星が後に発見されることになったが、海王星の軌道とクロスすることなどからその質量、成り立ちについて疑問の声があがっていた。

その後望遠鏡観測を始めとして天文観測技術は格段の進歩を遂げた。岩のごとく小さな天体も見つけられるようになり、惑星という定義はどうあるべきか、太陽を廻る天体はすべて惑星とするなら彗星も惑星とすべきかなど様々な議論がなされてきた。たまたま今回惑星に値するか否かという大きな天体が発見されたため、議論が再びわき起こり、ひとまずの決着を得たというところだろう。

たかが惑星の定義というなかれ。これを考えることで地球外生物の存在、地球と同様な環境をもつ他の太陽系惑星の存在を類推する根拠となるのである。

蒸し暑い夜を七転八倒して寝汗をかくだけでなく、星空のロマンに身をゆだね、遠くの天体に思いを馳せるのも人間に許された贅沢な夢として日常をおくるのもおつなものではないか。

                                 by 天文フェチ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年8月23日 (水)

タワーレコード倒産!?

タワーレコードが破産申請をしたとのこと。

今や楽曲はダウンロードで買い求めるものらしい。

確かに私もiPodを利用し、音楽を楽しむのもこのiPodかパソコンのiTuneからがほとんどだ。しかしダウンロードで楽曲を手に入れることもないし、音そのものは家のミニコンポの方が遙かに優れているのでクラッシックなどを聴く場合はそちらにしている。自宅のマックならばAir Mac Extremeを介してミニコンポと接続も可能だが、今は飛ばしプリンターを優先しているのでそちらは使用できない。

それにしても気に入ったジャケットとともに手にするCDという概念はもう古いということなのだろうか・・・

LP盤からCDに変わっていった中学のころを思い出す。店先の一角にCDコーナーが新設されたと思ったら、あっという間にLPがコーナーに追いやられていた。これからはCDショップすらなくなってしまうのだろうか・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

腎臓病理組織

夏休みに腎生検を行った子供達の病理組織診断と病理標本が手元に続々と戻ってきている。

ほとんどが予想通りの結果であり、確信をもって治療に専念できるものであった。ただ1例は予想外に軽症な診断だったため、もう一度自分たちで顕微鏡を覗いて臨床所見と照らし合わせながら治療法を考え直した。

実はこの腎臓病理診断で学会が揺れている。

先日の日本腎臓学会にて病理医と臨床医10名による同一プレパラート診断を行った結果、さすがに疾患そのものは間違えようがないものの疾患の重傷度、細かい分類に関してはみごとなほどにばらつきがあった。病理組織を日常から見慣れている病理医ですら同一見解が出せないのである。

この病理組織診断いかんで治療法が選択される現在、分類が違ってしまうことは治療法やその予後に狂いが生じるということであり、ゆゆしき事態なのである。

これは日本の医療レベルが低いからではない。それぞれが信念を持って勉学に励んできた結果なのである。これからはその摺り合わせをしなくてはならない時代なのだ。

しかし患者さんは待ってくれるわけではない。今このときも疾患はどんどんと進行を続けている。それに対処するためには信頼のおける病理医に診断をお願いすることと、臨床医みずからが責任を持って病理組織診断にあたることが重要である。

ということで今日も臨床の合間にプレパラートを覗く一日になりそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月22日 (火)

平川という存在

土曜日の対アントラーズ戦は、なんとももったいない戦いをしてしまった。

ワシントンが怪我から復帰し、達也と初めてツートップを組んだ。典型的なセンターと衛生のように廻り、DFの穴をこじ開けていくドリブラーの組み合わせは相手にとっても嫌だったはずだ。

左サイドにはアレックスがいて、攻撃に弾力と鋭さを与えていた。中盤の底は長谷部と鈴木がいつも通りの激しさで相手を潰し、そこからビルドアップした早い攻撃を仕掛けていた。

しかし・・・右サイドである。

ブッフバルト監督は彼を育てたいのか?小野と同級生の彼を今更育てるというのはどうかと思うし、スピードを生かし切れない彼を使うより、今のレッズには山田や細貝がいるではないか。

平川はスピードで縦へいく勇気がなく、へんにコネてボールを奪われるケースが多すぎるのだ。その上アーリークロスの精度も今ひとつ。それならばレッズのダイナモ、山田を右サイドで使うべきだと思うのだ。彼は中央で生きる選手ではない。スペースを与えることで生きる選手である。確かにこの試合では長谷部が代表から戻ったばかりで今ひとつの切れ味だったため山田と交代というのはわからないでもないが、平川を替えて欲しかった。

結果は2点目を奪われてからやる気を出し、最後はドローに持ち込んだため気持は落ち着いたが・・・

小野は後半20分から彼本来の姿になった。

徒歩地蔵などと揶揄され、日本で初めてのバッシングを浴びた彼は、ここしばらくパスもあられのない方向にずれてしまうし動きにキレもないしという状態が続いていた。

しかしアントラーズの柳沢がトゥーリオの緩慢なプレーのおかげで久々のゴールをあげたところで呪縛が解けたように動き始めた。

彼本来の輝きが戻れば、オシムが呼ばないはずはない。

フェイエノールトへ渡った時のあの輝きを取り戻して欲しい。UEFAのカップを掲げたときの司令塔がこんなことでつぶれて欲しくないのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月21日 (月)

球児に思う

昨日の夏の高校野球決勝戦はしびれた。

これぞ何の偽りもない純粋なスポーツだと鳥肌が立った。

両校の死力を尽くした試合に感動し、本日の再試合もどうか両投手および選手皆が全力を出せるようにと願わずにはいられなかった。

そして期待に違わぬ試合が繰り広げられた(ようだ)。

ダイジェストを見ただけでもその白熱の一戦が胸に迫ってきた。

素晴らしいものを見せてもらった球児達に、本当に拍手を贈りたい。


と同時にふと浮かんだ事柄がある。

球児達の真っ黒に日焼けし、汗にまみれた顔を見て、皮膚科の先生達は苦虫を噛みつぶしているのだろうかということである。

紫外線が皮膚に悪さをするというのは学生の時にちゃんと習った。今や一般常識とまでなっているが、本当に日本人にとって日光浴程度でも悪いのだろうか。そりゃあ年がら年中外で働き通し、年齢以上にしわくちゃな農家のおじさんを知っているし、白人では悪性黒色腫の発生頻度も高くなることも知っている。しかしこのアジアモンスーンの気候で、緯度も低い我が日本で暮らす我々にそれが当てはまるのだろうか・・・

疑問をさらに推し進めるように、日光に当たることにより得られるビタミンDが骨だけでなく身体のホルモンバランスを整える働きがあり、一日15分、日本人ならその3倍の日光浴は人体に好影響を与えうるという報告がなされた。

この数年母子手帳には日光を避けるようにという記述がなされている。もちろん乳児期に長時間日に当たることは勧められることではない。しかしその記述により、若いお母さん達は子どもをずっと家の中に閉じこめておくべきなのか外でおもいっきり遊ばせて良いかわからなくなってしまっている。

アトピー性皮膚炎や日光過敏症でなければ、肉体にとっても精神にとっても日の光は少なくとも子どもたちにとってはなくてはならないものであろう。学校で夏休み前に担任の先生が「休み明けには真っ黒に日焼けした元気な顔をみせてね。」などと言おうものなら、紫外線の悪をコンコンと説明し謝罪させる親がいるらしいが、前記の球児達をみて彼らはなんと思うのだろうか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年8月19日 (土)

盛夏?

ピンぼけだが・・・

今朝はよく晴れた。

ピーナッツの黄色い花がまだ咲いていた。いつもなら花の時期は過ぎているはずなのだが。

そういえば蝉の声もお盆を過ぎたというのにツクツクホウシの声が聞こえない。

なんだが季節がずれてしまい、みんな戸惑っているようだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月18日 (金)

Perthes disease

今日はフォローアップしているネフローゼを患った児の外来日だった。

この子は同時にPerthes病という原因不明の大腿骨骨頭壊死を来す疾患にもみまわれた。聞いただけでおそらく小児腎臓専門医ならぞっとするだろうけれど、ネフローゼをなんとかするためにステロイドは欠かすことが出来ず、しかもそのステロイドを使い続けると大腿骨骨頭壊死を起こしてしまう可能性があるのだ。すなわちステロイドを使うに使えず、戦々恐々とするほかないのである。

再発を繰り返さなければステロイドをそれほど使わなくても済む。そう願いながらであったが、半年の間に2回も再発してしまい、ステロイドを使わなくてはならない状況が続いた。頻回再発はネフローゼの中でも悪いタイプで、免疫抑制剤の併用を余儀なくされた。

骨の具合を推し量り、荷重をさけるために装具を付けてもらいながらの治療が続いた。

家族の願いが届いたのかこの1年、全く再発しなかった。そのうち装具をつける時間を少なくしていっても足の痛みはまったく出現しなかったしレントゲンでも悪化傾向を認めなかった。

そして今日MRIを確認したところ、ほぼ一次治癒したと考えられる画像を得られたのだ。

この2年間、その子の家族にはいろんなことがおこった。それもこれも全部ひっくるめてお母さんはいつも私に話してくれた。

相談したことに私が応えたことでどれだけ救われたかと御礼を言われた。とんでもない、うまくいったのはこの子と皆さんが頑張ったからですと笑顔で答えた。

装具なしで彼が自由に飛んだり跳ねたりできる日も近い。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

合唱祭に出たいのだけれど

病院の有志を募り音楽部を結成した。クリスマスの病棟歌巡りは2年連続でやり遂げたが、目標にしていたこの11月に行われる市の合唱祭参加は断念することにした。

月二回、19時から待合いホールで練習を続けてきたのだが、いかんせん仕事が終わらず練習に参加できないメンバーが多すぎた。特に男性陣の参加が少なく音楽にならないのである。

という発表を昨日の練習前に行おうと決めていたら、お盆明けだというのに大人数が練習に参加してきた。断念発表は皆の同意を求めながらというものになったが、皆同じ感想を持っていたようで、来年のお楽しみとすることにした。

というわけで昨日からクリスマスに向けての讃美歌練習がスタートした。

ハーモニーがばっちり合うと讃美歌って気持いいんだよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

引っ越しです

こんにちは。

これまでMSNでブログ(http://kazuetsunohitorigoto.spaces.live.com/)やってましたが、これからここでお世話になります。

とりあえず今日の印旛沼の顔です。Photo

| | コメント (2) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年9月 »